シバターの貯金額は1億円。〔 宝くじで大当たり〕

2019年の6月14日、シバター氏は、宝くじで1億円当たり、シバターの貯金額が1億円になりましたという内容のyoutube動画を公開しました。これに関するyoutubeキッズの反応は、シバターってお金を散財しないで1億円もためるなんてすごい、シバターみたいになりたいから僕もyoutuberになります、他人のことを悪く言ってお金を稼いでうれしいのか、何もかもヒカキン様様だな、シバターヒカキンにもっと感謝しろや、シバターさんこれからも頑張ってください、シバターマジですごすぎるわというものとなっています。個人的な28歳の大人の意見を言わせてもらうと、シバター氏のように、youtuberとして一発を当てられる可能性はだれにでもあるから、人生は生きている限り、俺はもうだめだとかあきらめたら絶対にいけない。

シバターの貯金額1億円も貯められた理由。

1.シバターは、高級車や家を購入しなかったから。

シバターは、youtubeやyoutube関連収入によって貯めた貯金が2000万円になっても、マンションを購入したり、ランボルギーニという高級車を購入するという散財をしなかった。その後、シバターの貯金額が5000万円になっても、シバターは5000万円を使うことはなかった。最終的に、シバター氏の貯金額が1億円を超えても、シバターは1億円を使うことはなかった。

2.シバターの月収が桁違いだから。

シバターのことを何も知らない人は、シバターってyoutuberの人は、youtubeの動画投稿で月収100万円~月収200万円くらい稼いでいるじゃないというくらいの認識しかもっていません。それに対してシバターのことに詳しい人は、シバターは、youtubeの動画投稿の広告収入で月収300万円、企業案件系の動画やイベント出演で月収400万円のお金を稼いでいることを知っています。これらのことからわかることは、シバターは月収20万円のサラリーマンの30倍もの月収を得ているということ。

3.シバターは、筋トレや格闘技のトレーニングが趣味。

プロレスラーであるシバターは、筋トレや格闘技のトレーニングが趣味なため、普段の生活でお金を使って遊ぶことはほとんどないそうです。それゆえに、シバターは、ベンチプレス100キロを持ち上げることができるほどの筋力の持ち主だったりします。
スポンサーリンク



4.youtuberはいつか稼げなくなる職業だから。

シバターは、youturberはいつか稼げなくなる職業であり、youtuberである自分が月収700万円を60歳を維持することは無理だと悟っています。それゆえに、シバターは、youtubeで稼いだお金を散財することなく、youtubeで稼いだお金をひたすら貯めている。これに関して自分がおもうのは、人生一度しかないのだから、人生をもっと楽しむ意味をこめて、シバター氏はもっとお金を散財してもいいのではないだろうか。

5.自営業の体力=自分の貯金額。

シバターは、youtuberという自営業の仕事をしていることもあって、自営業の体力=自分の貯金額という思考を持っています。こういう思考になると、何が何でも貯金をしなくてはいけないという考えになり、お金を使わない生活を送るようになります。

さいごに、

シバターの貯金額は1億円。〔 宝くじで大当たり〕をテーマにして記事を書かせていただきました。


www.webku.jp