若年層のLINEとインスタ離れ。次に流行るSNSについて。

若年層事体がlINEに夢中になることのむなしさや、インスタに写真をあげることの無意味さに気づいてきているし、若年層の9割がLINEやインスタに夢中になっても、自分の人生が何も好転しないということに気づき始めています。その結果、日本国内では、若年層のLINEとインスタ離れが進んでいます。今回は、若年層のLINEとインスタ離れ。次に流行るSNSについて。をテーマにして記事を書いていきます。

若年層のLINE離れ

若年層〔中学生、高校生〕の子達は、2ヶ月~3ヶ月LINEのグループ内でのメッセージのやり取りに熱中しますが、若年層〔中学生、高校生〕の子達も、3ヶ月LINEのグループ内でのメッセージのやり取りに疲れてくると、LINEのグループ内でのメッセージのやり取りがめっきりと減ります。こういう傾向があるので、若年層のLINE離れは続々と進行中ですし、若年層は、高校受験や大学受験をこなしていかなければいけないので、LINEに夢中になっている暇などありません。

おっさん層は、LINE離れどころか、LINEで頻繁に連絡を取る友達がいないので、最初からLINE離れを余儀なくされています。それだけでなく、おっさん層は、日々の仕事によるストレスのでせいで、ラインで友達とLINEのやりとりをしようとは思いませんから、強制的にLINE離れをせざる終えないという環境にあります。

上記二つのことからわかることは、着実に若者とおっさん達に、LINE離れが進行しています。

若年層のインスタ離れ。

若年層の多くは、自分のインスタの写真が誰にも見てもらえず、誰からも自分のインスタの写真にいいねがもらえないことに絶望していますから、2019年現在若年層の半分ほどはインスタに写真をアップロードしなくなっています。また、若年層の多くは、インスタのために写真をとったのに、インスタ運営からは、自分に一円もお金が振り込まれないことに不満をもちつづけており、インスタに抗議の意味もこめて、インスタグラムに写真をアップロードをしていません。僕自身も、金が一円も儲からないインスタはやってません。

おっさんの多くは、最初からおっさんのインスタなんて誰もみないだろうということを本能的に察しているため、インスタをやって自分の時間を無駄にするというアクションを起こすことはありません。ただ、おっさんのようにインスタをやらないという選択をすると、インスタに写真を投稿してお金を稼ぐというプロのインスタグラマーという仕事につくことができません。

上記二つのことからわかることは、おっさんも若者もインスタを敬遠してきているということ。
スポンサーリンク


LINEとインスタの次に流行るSNSについて。

LINEとインスタの次に流行るSNSは、lINEとインスタを使っていた層が、まとめてツイッターに流れていき、SNSはツイッターが一強の時代が到来することでしょう。なんでLINEとインスタを辞めた人がツイッターに流れるのか?というと、いまやツイッター検索は、グーグル検索並みに利用者が多い検索エンジン的なものとなっていますし、ツイッターで自分の意見を発信することは最高に楽しいですし、ツイッターで見知らぬ人と絡むの最高に楽しいですし、有名人のツイッターをみて勉強に励むのも結構楽しかったりするなどの理由があるからです。

ただね、ツイッターもあまり夢中になりすぎると、精神的に過度な疲れをもたらすことといったデメリットがあるので、ツイッターには夢中になり過ぎないようにしましょう。

関連記事
www.webku.jp