あいぽんの毎日は、ボクシングを習っていた。

バイトをやめました、親のすねかじりを続行しました、ニート最高だぜー的な底辺の日常を動画にすることで再生回数を稼いでいるあいぽんの毎日さんは、低身長で太っている弱いやつだと思われていましたが、過去にボクシングジムでボクシングに本気で打ち込んでいたそうです。この経緯からわかることは、あいぽんの毎日は、常人では習得できないボクシングスキルを持っていることや、ボクシングの苦しい経験を積むことで鋼のメンタルを手にすることができている&あいぽんの毎日にけんかなんて売ったら痛い目にあう&あいぽんの毎日がボクシングを本気でやれば、スリムなあいぽんをみることができる。&あいぽんの毎日は人生で一度ボクシングに本気で打ち込んだことがある人間であること。このことを知った俺が思ったことは、あいぽんさん、いままで弱そうなふとっちょと勝手に思っていて、まことに申し訳ございませんでした。今回は、あいぽんの毎日は、ボクシングを習っていた。をテーマに記事を書いていきます。

あいぽんの毎日がボクシングをやめてしまった理由。

1.根性がなかった。

あいぽんの毎日は、ボクシングの厳しい練習に耐えれるだけの根性を持ち合わせていなかっただけでなく、ボクシングよりも楽して生きていくことに大きな生きがいを見出してしまったので、ボクシングをやめるという選択をしてしまった。これらのことからわかることは、あいぽんの毎日は、そんなにボクシングというものが好きではない。

2.あいぽんの毎日は減量ができない。

あいぽんの毎日はプロボクサーに必要不可欠な減量という作業をこなすことができなかったので、あいぽんさんはプロボクサーになることを諦めてしまった。その結果、あいぽんは、プロボクサー体型ではなく、身長157センチ、体重100キロの相撲体型になってしまったのはいうまでもない事実である。

3.あいぽんの毎日はyoutubeで楽して稼ぐ幸せを知ってしまった。

あいぽんの毎日さんは、ぐだぐだしゃべる動画をyoutubeにアップロードするだけで、月収10万円稼ぐことができている状況にあるため、あいぽんの毎日がプロボクサーというかなり大変な仕事を選択することはないだろう。

4.あいぽんの毎日は身長が低すぎる。

ボクシングの軽い階級でも、対戦相手よりも有利な体格で戦いたいのあれば、身長165センチ~170センチは必要だというのに、あいぽんの毎日は身長157センチしかないという始末である。このことをしってしまったあいぽんの毎日さんは、身長が低く、太っている俺がプロボクサーとして活躍することは厳しいと悟り、プロボクサーよりもyoutuberとして活躍する道を選択することに。

5.あいぽんの毎日は、反射神経があまりよくなかった。

プロボクサーとして大活躍するには、常人を凌駕する反射神経を保有している必要があるという現実がありますから、自分の反射神経のなさに絶望したあいぽんの毎日は、自分の反射神経のなさを理由にボクシングの活動をやめたかと思われます。

6.あいぽんは、おいしいものをたくさん食べることが自分のやりたいことだったから。

あいぽんにとってボクシングは暇つぶし程度のものでしかなかったので、あいぽんはボクシングをやめてしまった。ボクシングをやめた後に、あいぽんは、俺はボクシングよりも、おいしいものをたくさん食べることが自分のやりたいことだということに気づいてしまったのはいうまでもない。

7.あいぽんは、ポケモンGOを毎日やりたかったから。

あいぽんは、プロボクサーとして大活躍するよりも、毎日ポケモンGOをプレイすることのほうが重要度が高まってしまった。当然、あいぽんは、辞めたボクシングを再開することなく、ポケモンGOのプレイに夢中になっている。
スポンサーリンク



8.あいぽんの毎日は、ボクシングよりもバイトを頑張りたいから。

あいぽんの毎日は、才能がないボクシングを頑張ることよりも、誰にでもできるアルバイトを頑張りたいと毎日youtubeの動画で発言しています。このあいぽんの発言からして、あいぽんはプロボクサーになることよりも、プロのアルバイターになることを選択したようです。

9.あいぽんの毎日は、うつ病。

あいぽんの毎日はうつ病という大きな病を患っており、ボクシングをやれるようなメンタルではないので、あいぽんがボクシングを再開することはありません。また、あいぽんは、うつ病の悪化に伴い、自宅療養中です。

10.あいぽんの毎日は相撲のほうが好き。

あいぽんの毎日の体型から判断するに、あいぽんの毎日はボクシングよりも相撲が大好きに間違いないし、あいぽんは相撲を極めたい気持ちが強くなり、ボクシングをやめてしまったのだろう。

最後に、
あいぽんの毎日は、ボクシングを習っていたに違いない。

関連記事
www.webku.jp