よっさんの飼い猫である黒之について。

よっさんは、家に迷い込んだ黒猫である黒之をペットとして飼育している動物愛好家であるし、病気になった黒之を病院に連れて行くという素晴らしい一面を見せている。このよっさんは、ペットの猫である黒之にはすこぶる優しいが、黒之以外の存在であるyoutuberや二コ生配信者にはまったくというほどやさしくなく、よっさんはいつも、自分の配信でyoutuberや二コ生配信者の悪口ばかりをいっている。しかも、よっさんは、黒之が自分の大切なトロフィーを倒しても、黒之に全く怒ることがない。そして、よっさんの飼い猫である黒之はよっさんにめちゃくちゃなついています。

よっさんは、野良猫の黒之を飼育したことは偉い。

猫愛護の方々は、猫がわいいと言い放ち、野良猫に餌をあげるだけで、決して、自分の家で野良猫を飼育しようなんてことはしない口だけ動物愛護主義者なんだけど、よっさんは、猫がかわいいと発言するだけでなく、自分の家を訪れた野良猫を自宅で飼育することを行動に移しているため、そこらへんにいる猫愛護の人より、よっぽど猫のことを愛していると思われます。ただ、よっさんは、猫の黒之を雑にあつかったり、猫の黒之のトイレを掃除しなかったり、猫の黒之が嫌がることをするなど、猫を誰よりも大切にしていません。

よっさんが飼育している猫の黒之は幸せ。

よっさんが飼育している黒之は、何の努力もせずに毎日餌を手に入れることができるし、黒之が病気になればよっさんが黒之を病院に連れて行ってくれるし、よっさんは毎日くろゆきの健康を考えて、きれいな水をくれるし、黒之もよっさんのことが大好きだし、よっさんが飼育している猫の黒之は、そこらへんにいる野良猫よりはかなり幸せといえるでしょう。それに比べて、そこらへんにいる野良猫なんかは、突然自分に餌をやりにくる人がこなくなり、毎日のご飯がたべられなくなるという恐怖と毎日戦っているし、突然自分が病気になって、命を落とすというリスクの中で生活しているし、毎日きれいな水が飲めないという環境で生活しているし、いつ心ない人に捕まり保健所に連れて行かれるかという恐怖の中で生活しているので、野良猫はあまり幸せな生き方ができていません。これらのことからわかることは、よっさんの飼い猫の黒之はかなり幸せ。
スポンサーリンク



よっさんは黒之を家で飼育した理由。

1.よっさんの隣の住人が黒之を毛嫌いしている。

よっさんは猫の黒之を家で飼育した理由は、隣の住人が黒之を毛嫌いしており、隣の住人が黒之を保健所に連れて行くかもしれないからというもの。これがなければ、よっさんは、黒之を自分の家で飼育せずに、黒之を外の世界で自由にさせておいたと思われる。

2.猫の黒之を使って、よっさんは閲覧数を稼ぎたいと。

よっさんは、他の配信者の台等により、よっさんは着実に閲覧数を減らしている配信者です。そんなよっさんは今のオワコンの状況を変えるには、よく家にやってくる猫を飼育して、猫で閲覧数を稼ぐしかないと思うようになり、よっさんは猫を飼育したという意見もあります。

3.人間の女性がよっさんに優しくない。

よっさんは、何にもの人間の女性に振られており、よっさんは人間の女性がまったくというほど信頼できないという状況にあります、よっさんは現世に生きる希望を持つことができていません。このような状況では、よっさんは日本で生きていても楽しくないので、自分のことを誰よりも好いてくれる猫の黒之を飼育したのです。

4.よっさんはフリーランスで退屈。

よっさんのように、毎日動画配信をしているだけのフリーランスは退屈な人生を送ることを余儀なくされます。そんな退屈な人生を明るくするには、自分のことを誰よりも受け入れてくれる猫を飼育するしかないことによっさんを気づいたので、自分のことを重要視してくれる猫の黒之を自宅で飼育するという選択を取ったのです。

5.よっさんは人生で一度猫を飼育したいと思っていた。

よっさんは、口にはださないが、人生で一度は猫を飼育したいと思っていたから、自分の家に住みついた黒猫の黒之を飼育するという決断をしたのではないでしょうか。まあ、自分が猫といっしょにいたいから、猫を飼育するだけであって、猫を飼育するのに、そんなに深い理由はいらないですから。

関連記事
www.webku.jp