40代派遣は底辺。

f:id:akihiro5:20190611104130j:plain
20代の派遣であれば、自分の年齢に見合った給料を手にすることができますから、20代の派遣のうちは自分のことを底辺だと意識することはないでしょうし、30代の派遣になると、自分の年齢の平均給与水準よりも少ないお金を受け取ることになりますから、30代の派遣のうち5割は自分が底辺予備軍であると気づいていることでしょうし、40代の派遣になると、自分の年齢給与水準よりもかなり少ないお金を受け取ることになるので、40代派遣社員は20代、30代派遣社員以上に自分は底辺であるということを意識せざる終えない。これらの現状があるので、40代で社会の底辺になりたくない人は、20代のうちにそれなりに企業規模が大きい会社の正社員になるか、30代のうちにベンチャー企業の正社員になるかの対策をしておくしかない。今回は、40代派遣は底辺。をテーマにして記事を書いていきます。

40代派遣が底辺から抜け出すには?

40代派遣は、いまさら給料が高い会社で正社員になり、給料が高い会社で出世を目指すという20代、30代の人しか使えない技は使えませんから、40代派遣が底辺を抜け出すには、派遣社員を辞めて、自分で事業を立ち上げて、年収1000万円~年収2000万円を稼ぎ出すしかありません。これを聞くと、40代派遣が底辺を抜け出すなんて簡単だろうと思いがちですが、自分で事業を立ち上げて、お金を稼ぎ出し続けることは、会社員として高い給料をもらうことの何倍も難しいことという事実があるので、40代派遣が底辺を抜け出すのは簡単ではありません。ってことで、40代派遣が底辺を抜け出すためになにをやればいいのかを紹介していくぜ。

1.FX取引。

40代派遣であっても、100万円を超える余剰資金と卓越したFXトレード知識と何十年分のFXトレード経験があれば、40代派遣の人がFX取引で大きな成功を収めることができます。その逆も然りで、40代派遣で、まったく余剰資金がないとか、FX取引をやったこともないとか、FX取引の知識も0でFXトレードもスキル0であれば、40代の派遣の人がFX取引で大きな成功を収めるのは不可能に近いでしょう。これらのことからわかることは、FX経験がある40代派遣の人はFX取引に挑戦するべきだし、FX経験がない40代派遣の人はFX取引をやらないほういい。

2.仮想通貨取引。

今のリップルが30円のときに、大量にリップル買いのポジションを取り、リップルが3000円になったら、30円のときに大量に買ったリップルのポジションを決済しよう。これができる40代の派遣社員であれば、リップルの取引で億万長者になり、見事底辺から抜け出すことができるかもしれない。ただ、仮想通貨取引に失敗した40代派遣は、自分の貯金もなにもかも失い、無残な最期を迎えることだろう。

3.タクシードライバーになるか。

40代の派遣社員は、お金が稼げないと話題の派遣社員なんかとっとやめて、自分の仕事の成果しだいで月収50万円~月収70万円のお金を稼げるタクシードライバーに転職することをおすすめします。このタクシードライバーになれば、年間休日110日は確実に手に入るので、ある程度の自由な時間を手にすることも可能です。

4. 大型トラック運転手になるか。

40代の派遣社員は、月収20万ちょっとしか稼げない派遣社員に見切りをつけて、月収30万円~月収60万円のお金を得られる大型トラック運転手に転職することをおすすめします。この大型トラック運転手になれば、変な人間関係に悩まされることもないし、年間休日も100日を越えているし、いいことばかりです。

5.youtuberになる。

youtuberは、年齢関係なく、再生回数さえ集めることができれば、月収100万円以上を稼ぐことができる最高の仕事なので、40代の派遣から抜け出したいという大志をもっているのであれば、とっとと派遣の仕事をやめて、youtuberになるしかない。また、有名なyoutuberのシバターは、月収300万円の大金を稼ぎ出していたり、有名youtuberのはじめしゃちょーは月収500万円を稼ぎ出しているぞ。

6.完全実力主義のブラック企業の正社員になる。

40代の底辺派遣社員が勝ち組になるには、完全実力主義のブラック企業の正社員になり、ブラック企業の正社員として、凄まじい結果を出して、月収200万円以上の給与を得るしかない。この選択をすることができる人は、どんなに苦しいことが自分に起きても、乗り越えることができるだろう。

7.アフィリエイターになる。

ツイッターなどをみていると、月収500万円を稼ぎ出す40代アフィリエイターがごろごろといるので、40代の派遣社員の自分に嫌気がさした人は、40代派遣社員から40代アフィリエイターにジョブチェンジするといいだろう。ひとつだけ問題があるとすれば、アフィリエイターの仕事は、10時間仕事をしても1円ももらうことができないという過酷な仕事であるということだ。

8.もう生活保護受給者でいいんじゃないか。

40代派遣社員の手元に残るお金と、40代生活保護受給者の手元に残るお金にほとんど差なんてないのだから、40代派遣社員の人はとっとと、派遣の仕事をやめて、生活保護受給者になって、仕事の苦痛から解放されることを選択したほうがいいんじゃないかな。そうはいっても、生活保護受給者になったらなったで、毎日なにもやることがなくて、退屈そうだけど。
スポンサーリンク



9.40歳から、プロの漫画家になる。

ツイッター界隈を見ていると、40歳からプロの漫画家を志して、たった2年でプロの漫画家になってしまったというすごい人もいるみたいなので、自分には絵の才能があると思っている40代の派遣社員は、40代の派遣社員をやりながら、プロの漫画家を目指そう。また、プロの漫画家になることができれば、一年で1億円~2億円のお金を稼ぐことだってできます。

10.ウェブライターの仕事をしてみよう。

40代派遣社員の人が、ウェブライターの仕事をしてみることで、ライターの仕事ではどれだけの文章力が求められているのか?ということを知ることができますし、これからウェブライターの仕事をしていく上で、一ヶ月何本記事を書けば、一人で生活していくだけのお金が稼げるのか?を知ることができます。