雇われたくない30 代に伝えたいこと。

20代中に雇われない生活をしていた人が、30代前半に人に雇われる生活にシフトするはできるので、20代で雇われない生活をしていて将来が不安だと思っている人の未来はそんなに暗くない。逆に、20代雇われる生活をしていた人が、30代前半に雇われない生活にシフトして、40代になったときに雇われる生活にシフトするということはできないので、30代に雇われない生活をしていた人の未来はかなりくらい。これらのことからわかることは、30代で雇われたくないと思って、雇われない生活をするということは、金輪際正社員になれないというリスクを背負うということと同意である。

雇われる生活は、本当に楽。

20代の間、自分は、雇われる生活を6年ほどしたことで感じたことは、毎日自分でなにかを生み出す努力を一切せず、ただ会社に行くだけで、毎月25万円の給料を得られるのは、明らかに会社勤めは楽すぎるし、一度会社勤めの利点をしってしまったら、ゼッタイ自営業になるリスクなんてとらないだろ。そんな自分が何で、雇われる生活をやめたのか?というのは、会社勤めをしていると、自分の仕事の成果を全部会社に持っていかれてしまい、いつまでも自動でお金を稼ぐ仕組みを構築することができないことに絶望したから。

雇われない生活は本当に大変。

雇われない生活というのは、自分で何もかもやらなければいけないし、上手くいかなかったときにお金をもらえないから、お金を稼ぐことを第一だと考えてる30代は、毎月決まった給料がもらえる雇われ正社員をやっているほうがいい。このことに気づくのは、雇われずにお金を稼ぐことが一度上手くいったものの、突然のトラブルで雇われずにお金を稼ぐことが上手くいかなくなってしまったときだったりする。

雇われない生活をしていると、今の仕事が上手くいかなくなったら俺の人生はおしまいだという絶望的な気持ちをもつことになり、生きているのが辛いと感じることに。こういうのが平気だったり、未来への恐怖が平気だと感じることができれば、30代で雇われない世界をするのもありだと思う。
スポンサーリンク


結婚したいなら、雇われない生き方を実践しないほうがいい。

結婚したいという欲求があり、奥さんを路頭に迷わせたくないと思っている30代は、つぶれる確率が低い会社の正社員として働き続けたほうが、結婚できる確率も上がるし、結婚後も幸せな家庭を築くことができる。逆に、結婚したくない30代は、他人の人生を背負う必要がないので、自分の好きなように、雇われない生き方をしていけばよいのではないかなとおもいます。

最後に、
雇われたくない30 代に伝えたいこと。をテーマにして記事を書かせていただきました。