うつ病の診断書を会社に提出する。

うつ病を発症した人が、会社にうつ病の診断書を出さないままでいると、うつ病が原因で仕事でミスが出たときに、同僚や先輩に何でお前はこんな簡単なことすらできないんだと怒鳴られたりしますし、ひどいレベルになると自分の人格を否定されたり、自分の家族の悪口を言われたりします。それに対して、うつ病を発症した人が、うつ病の診断者を会社に提出していると、うつ病が原因で仕事でミスがでたときに、同僚や先輩にも理不尽な怒られ方をされることもありませんし、自分の人格否定をされたり、自分の家族の悪口を言われることもありません。これらのことからわかることは、うつ病の人が会社で快適に働きたいのであれば、うつ病の診断書 会社に提出しましょう。今回は、うつ病の診断書を会社に提出する。をテーマにして記事を書いていきます。

うつ病の診断書を会社に提出することができない。

自分がうつ病であることが会社の社長に知られたら、うつ病を理由に会社を解雇されるかもしれないとか、従業員の誰一人にも自分がうつ病であることを悟られたくないと思ってしまうと、うつ病の診断書を会社に提出することができません。こういう人は、自分がうつ病であることを隠し続けながら、会社での労働をしつづけていますが、うつ病の状態が悪化すると、会社で働くことが困難になり、会社を退職する選択をしています。

うつ病の診断書を会社に提出するメリットはあるのか?

1.無理な残業が減る。

うつ病の診断書を会社に提出していると、会社に無理な残業を課されることが一切なくなり、いつも定時の時間に家に帰宅することが可能になりますので、うつ病を発症をして残業なんてできないんだという人は、会社にうつ病の診断書を提出しましょう。当然、残業時間がへれば、自分の毎月の給料の額が減ってしまいます。

2.会社を休職できる。

うつ病の診断書を会社に提出していれば、うつ病だから3ヶ月は会社を休職しますと上司に伝えれば、会社を3ヶ月休職することができます。これが通用しない会社であれば、さっさと会社を退職して、自分のうつ病を治すことに全力投球するようにしましょう。

3.会社を退職できます。

うつ病の診断書を会社に提出していれば、うつ病を理由に会社を退職することができ、くだらんサラリーマン生活からおさらばすることができます。こんなことをしなくても、俺は会社を退職したいんだといえば、会社を退職することができますし、会社を無断長期欠勤をすれば、会社をさくっと退職することができます。

4.うつ病の診断書があれば、会社退職後に生活保護がもらえる。

うつ病の診断書があれば、会社退職後に、うつ病で働けないを理由に、生活保護をもらうことができ、自分の最低限の生活が保障されます。逆に、うつ病の診断書がなければ、会社退職後に、うつ病で働けないを理由に、生活保護をもらうことできず、自分の最低限の生活が保障されます。これらのことからわかることは、うつ病の人は絶対にうつ病の診断書をもらっておきましょう。

5.会社の同僚が優しくなる。

うつ病の診断書を会社に提出しておらず、会社の同僚に自分がうつ病であると認知されていないときは、会社の同僚がまったくというほど自分に優しくしてくれず、仕事でミスをするたびに攻撃してきます。それに対して、うつ病の診断書を会社に提出していて、会社の同僚が自分がうつ病であると認知していると、会社の同僚が自分に優しくしてくれるし、仕事でミスをしても攻撃してきません。これらのことからわかることは、同僚に優しくされたい人は、会社にうつ病の診断書を提出しましょう。
スポンサーリンク


うつ病の診断書を会社に提出するデメリット。

1.うつ病に偏見がある人に、あーだこーだ言われる。

うつ病の診断書を会社に提出することで、うつ病に偏見がある会社の同僚に自分がうつ病であることがばれてしまい、うつ病に偏見がある会社の同僚に心無い言葉を吐かれてしまうことがあります。こういうのが嫌だから、俺は会社にうつ病の診断書を提出したくなかったんだよーという人もいるでしょう。

2.うつ病を理由に会社を解雇される。

どこの会社も大きな声では言いませんが、精神疾患がある人を雇用したいと思っていませんから、ひどい会社になってくると、うつ病の診断書を提出した社員を解雇するという暴挙にでることがあります。これを恐れて、うつ病だけど、会社にうつ病の診断書が提出することができないという人は一定数います。

3.この人は、うつ病だからという理由で普通の扱いをしない人がいる。

どこの会社にもいますが、うつ病の社員がいると、この人はうつ病だからという理由で、特別扱いをする人がいます。こういう人に、特別扱いされたくないわという理由で、うつ病の診断書を会社に提出することを渋っている人は相当数います。

4.会社の社長がうつ病は甘えといっている。

自分が勤めている会社の社長がうつ病は甘えだとか言っていると、自分の会社の社長にうつ病の診断書を提出するだけ時間の無駄だろという結論にいたり、自分の会社の社長にうつ病の診断書を提出することができません。逆に、自分が勤めている会社の社長がうつ病に理解がある人だと、自分の会社の社長にうつ病の診断書を提出ことはとても意味があることであるというところに行き着き、自分の会社の社長に、うつ病の診断書を提出することができます。これらのことからわかることは、うつ病は甘えだとか言っている会社で働くのはやめよう。

5.うつ病というだけで、自分の評価が下がる。

日本に存在するほとんどの会社は、うつ病というだけで、うつ病の人の評価を下げる風潮があるせいで、多くのうつ病の人達は、会社の社長に自分がうつ病であることを隠していきています。

最後に、
うつ病の診断書を会社に提出する。をテーマにして記事を書かせていただきました。