売れなくなった芸能人がDJをやることについて。

売れなくなった芸能人は、テレビにでれなくなったら、自分の芸能人の知名度を生かして、クラブDJとして活躍することが多いです。このことに対しての良い意見は、良くも悪くもクラブに人が入ることでクラブが盛り上がるとか、DJは集客力がすべてだで集客力がある芸能人DJはありとか、芸能人だからDJをやるなというのは視野が狭すぎるとか、芸能人目当てでクラブに来た人に自分のDJを見てもらえるとか、3000円で芸能人と会えるとか最高すぎるとかがあります。

1.良くも悪くもクラブに人が入ることでクラブが盛り上がる

人気芸能人が日本国内のクラブでDJをするということになると、良くも悪くも、日本国内のクラブにたくさんの人が遊びに来るので、日本のクラブシーンがめちゃくちゃ盛り上がります。こういうドーピングが当たり前になってしまったクラブというは、何度も芸能人DJを呼ぶということに頼りがちになります。

2.DJは集客力がすべてだで、集客力がある芸能人DJはあり。

クラブ側が求めているDJというのは、集客力があるDJであり、曲が作れたり、DJがうまい人ではありません。この事実から出た答えは、DJは集客力がすべてだという事実がある以上、集客力がある芸能人DJはありだよね。

3.芸能人だからDJをやるなという視野が狭すぎる。

DJというのは、DJのみを仕事をしている人だけでなく、芸能人でもそこらへんにいる人でもクラブでDJをやってもいいんですよ。だから、芸能人がクラブでDJをするっていうのは、ぜんぜんおかしいことじゃないのよ。

4.芸能人目当てでクラブに来た人に、自分のDJを見てもらえる

芸能人がクラブでDJをすることによって、クラブに芸能人目当てのお客さんがたくさん来れば、レジデントDJは、たくさんの芸能人目当てのお客さんに自分のDJを見てもらえます。こういうメリットもあるので、芸能人はガンガンクラブでプレイをするべき。

5.3000円で芸能人と会えるとか最高すぎる。

普通に生きていては、芸能人と会うことも話すこともできませんが、クラブに芸能人がDJプレイをしにこれば、芸能人と会うこともできるし、芸能人と話すこともできます。まあ、芸能人と会ったところで自分の人生はなにもかわらんのですが。
スポンサーリンク


芸能人がDJをするデメリット。

1.芸能人DJは、DJがうまくない。

芸能人DJは、まったくというほどDJがうまくないため、耳が肥えている人が芸能人のDJを聞くと芸能人のDJがつまらなすぎて、すぐにクラブから家に帰りたくなります。ああだこーだ、考えることをやめて、芸能人のDJを楽しもう。

2.芸能人DJは、1時間ちょっとのDJプレイが終わると、VIPに篭る。

芸能人DJは、1時間ちょっとのDJプレイが終わると、VIPに篭る人ばかりで、クラブのレジデントDJのプレイに興味も関心もしめしません。こういう芸能人DJの態度をみると、クラブに芸能人はいらないんじゃという気持ちに。

3.芸能人は、中途半端な気持ちでDJをやる人ばかり。

レジデントDJ〔クラブ専属のDJ〕は、DJを本業としているため、DJをいつでも本気でやりますが、芸能人DJは、DJを片手間でやっているため、DJを適当にやる傾向があります。こういう事実があるので、クラブに芸能人DJはいらないと思っている人は結構います。

4.クラブの入場料金が高くなりがち。

芸能人DJがでないクラブイベントでクラブの入場料金が2000円ほどとなっていますが、芸能人DJが出演するクラブイベントでは、芸能人のギャラが高いためか、クラブの入場料金が3000円ほどとなっています。

5.地蔵が多い。

芸能人DJイベントでは、芸能人ファンが、目当ての芸能人がDJをするまで、踊りもしないでひたすら何時間も地蔵をするため、クラブの雰囲気が悪くなりがちです。これがいやだなという人は、芸能人のDJイベントにいきません。

最後に、
売れなくなった芸能人がDJをやることについて。をテーマに記事を書かせていただきました。