tradeview(トレードビュー)の評判。

tradeview(トレードビュー)は、最大レバレッジ500倍を活用して、通貨ペアの取引をすることができる海外FX口座である。しかも、tradeview(トレードビュー)は、14年以上も低スプレッドをFXトレーダーに提供してきた海外FX口座となっていますから、低スプレッドでのスキャルピング取引がしたい人の多くは、tradeview(トレードビュー)口座を利用しています。そして、tradeview(トレードビュー)口座では、理不尽の極みともいえる約定拒否やスプレッドが広がるということが起こることがまったくありません。これらの情報を知っていれば、スプレッドが広く、約定拒否が起こるFX口座を使うことをやめて、tradeview(トレードビュー)を使うようになります。今回は、tradeview(トレードビュー)の評判。について書いていきます。

☆tradeview(トレードビュー)の認知度があまり高くない理由。
XMやBIGBOSSや国内FX口座は、自社のFX口座のCMを作ったり、自社のFX口座をウェブ広告で宣伝しているため、FX取引をやったことがない人でもXMやBIGBOSSや国内FX口座の存在を知っていますが、tradeview(トレードビュー)は、自社のFX口座のXMを作ったり、自社のFX口座をウェブ広告で宣伝することがないため、FX取引をやったことがない人は、tradeview(トレードビュー)の存在を認知していません。また、tradeview(トレードビュー)は、広告宣伝費という無駄なお金を使わないことで、自社の財務状況が良くなっているため、tradeview(トレードビュー)は他の海外FX口座が提供することができないレベルの低スプレッドを提供することができています。

ひとつ問題があるとすれば、FXトレーダー自体が地名度が高いFX口座こそいいサービスを提供しているに違いないという思いから、知名度が高いFX口座を利用することが多くなっており、スプレッドが狭い海外FX口座であるtradeview(トレードビュー)を使う人が少なくなっているということだ。この問題を解決するには、日本のFXトレーダーたちが海外FX口座のスプレッド情報に詳しくなっていくしかない。

tradeview(トレードビュー)の良い評判。

1.最大レバレッジ500倍に対応していること。

tradeview〔トレードビュー〕は、最大レバレッジ500倍での通貨ペア取引をすることができる仕様になっていますから、低レバレッジ〔レバレッジ1倍~レバレッジ25倍〕での通貨ペア取引と高いレバレッジ〔レバレッジ25倍~レバレッジ50倍〕での通貨ペア取引の両方がしたい人が tradeview(トレードビュー)口座を開設しています。また、最大レバレッジ500倍を使えば、1万円でドル円1.2LOT、5万円でドル円6LOT,10万円でドル円12LOT.50万円でドル円60LOT、100万円でドル円120LOTのポジが取れます。

2.経済スキャルピング向きの海外FX口座。

著名なアメリカ、イギリス、EU圏、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、中国の経済指標発表されても、tradeview〔トレードビュー〕のスプレッドは1.5PIPS~2.5PIPSの間となっていますから、1.5PIPS~2.5PIPSのスプレッドで経済指標スキャルピングがしたい人は、tradeview〔トレードビュー〕を使っています。

3.追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座。

ドル円で6円、ユーロ円で7円、ポンド円で15円クラスの変動が起きるたびに、日本の国内FX口座利用者の3割は、追証が発生し、追証金を国内FX口座運営に支払うという末路をたどっています。こういう末路をたどることだけは絶対に避けたい人は、追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座であるtradeview(トレードビュー)の口座を使うようにしよう。

4.強制ロスカットが早い。

国内FX口座は、強制ロスカットが証拠金維持率の50パーセントとなっていますから、国内FX取引で強制ロスカットを食らえば、国内口座残高の50パーセントを失うことになりますし、知名度が高い海外FX口座は、強制ロスカットラインが証拠金維持率の20パーセントとなっていますから、海外FX取引で強制ロスカットをくらえば、海外FX口座残高の80パーセントを失うことになります。このような現状があるなかで、海外FX口座のtradeview(トレードビュー)は、強制ロスカットラインが100パーセントとなっていますので、、海外FX口座のtradeview(トレードビュー)で強制ロスカットを食らっても、tradeview(トレードビュー)残高の10パーセント程度しか失いません。

5.口座凍結をされることがない。

大手国内FX口座や中堅国内FX口座や新興国内FX口座では、国内FX口座利用者が、スキャルピングで100万円~1000万円のお金を稼ぐと、国内FX口座利用者の国内FX口座を凍結して、国内FX口座から資金を出金できないような処置を施します。それに対して、tradeview(トレードビュー)は、スキャルピング取引で1000万円~15億円のお金を稼いでも、tradeview(トレードビュー)口座を凍結するという暴挙にでることがありません。これら二つの事例から出た結論は、自身のFX口座を凍結されることを防ぎたい人は、tradeview(トレードビュー)口座を使うしかない。

6.クレジットカード入金手数料が0円かつ、デビットカード手数料が0円。

国内FX口座は、クレジットカード入金、デビットカード入金に対応していないため、ほとんどの国内FX口座利用者は、国内FX口座入金時に、銀行振り込みを利用しており、銀行振り込み入金のたびに銀行に300円の手数料を支払っています。それに比べて、tradeview(トレードビュー)は、クレジットカード入金とデビットカード入金に対応しているだけでなく、クレジットカード入金手数料0円かつ、デビットカード入金手数料が0円です。

7.小額入金ができない。

一番FX取引でやっていけないのは、小額入金済みの海外FX口座でのレバレッジ500倍の通貨ペア取引に失敗して、海外FX口座残高額が0円になってしまうことなので、海外FX口座のFX取引でコツコツドカンに会いたくなければ、小額入金ができないtradeview(トレードビュー)を利用するのが賢い選択。また、tradeview(トレードビュー)は、10万円が最低入金額となっています。

8.ETF取引ができる。

tradeview(トレードビュー)では、ETF取引〔指数取引〕をすることができるので、ある程度の値動きができるETFの取引がしたい人がtradeview(トレードビュー)口座を利用しています。また、ETF取引〔指数取引〕をしたくない人は、ETF取引をすることが一切できない国内FX口座を使っています。最後に、自分の意見を言わせてもらうと、ETFがなんなのか?がわからない人が、ETF取引をすると8割強の確率で損失を出すので、ETFがなんなのか?わからない人はETF取引をしないようにしよう。

9.歴史が長い。

一年前にできたばかりの無名海外FX業者を使っている人は、明日海外FX業者がなくなるかもしれないとか、海外FX業者がスプレッドを大きくしていくるかもしれないという不安をもつことになりますが、tradeview(トレードビュー)は、14年もの間低スプレッドでのFX取引をFXトレーダーに提供することができている優良FX業者なので、特に大きな不安をもつことなくFX取引をすることができます。

10.取引量ボーナスがない。

取引量ボーナスのサービスがある海外FX口座利用者だと、取引量ボーナスを欲するがあまり、根拠がまったくないところでハイレバトレードをしてしまいますが、取引量ボーナスのサービスがないtradeview(トレードビュー)利用者は、取引量ボーナスを欲しないため、根拠がきちんとあるところでしかハイレバトレードをしません。当然、根拠があるところで、ハイレバトレードをするようにすれば、ハイレバトレードの成功確率が高まります。

11.日本人サポートが充実。

日本国内での活動にあまり力を入れていない海外FX業者は、日本人を自社の社員として雇用していないため、日本人サポートの人が海外FX口座で発生したトラブルを解決してくれません。それに比べて、日本国内での活動に力を入れているtradeview(トレードビュー)は、日本人を自社の社員として雇用しているため、日本人サポートの人が海外FX口座で発生したトラブルを解決してくれます。

12.MT4のプラットフォームでFX取引が行える。

国内FX口座のプラットフォームを使うのになれてしまうと、MT4上の通貨ペア取引をすることに半端ない違和感を感じ、iforexのプラットフォームやDMMFXのプラットフォームや外為ジャパンのプラットフォームで通貨ペア取引をしてしまいます。その逆も然りで、海外FX口座のMT4 を使うことになれると、国内FX口座のプラットフォームでFX取引をすることに違和感を感じ、tradeview(トレードビュー)のMT4上通貨ペア取引をするようになります。

13.NDD方式を採用している。

DD方式の国内FX口座を使っていると、20PIPS~30PIPSの利益が得られるチャンスに約定拒否が起きて利益が得られなかったり、50PIPS~100PIPSの利益が得られるチャンス時にスプレッドが20PIPSになってしまったり、100PIPS超えの利益が取れるチャンスにエントリーしたら、不利なレートで約定したりすることがあります。それに対して、NDD方式を採用しているtradeview(トレードビュー)は、30PIPS~60PIPSの利益が得られるチャンスに約定拒否が起きることが0回だったり、50PIPS~120PIPSの利益が得られるチャンス時にスプレッドが1.5PIPS固定されていたり、200PIPS級の利益が取れるチャンス時に不利なレートで約定する回数が0回です。これら二つの事実からわかることは、FX取引で30PIPS級の損失をだしたくなければ、NDD方式を採用しているtradeview(トレードビュー)を使うべきだということ。

14. cTraderのプラットフォームでFX取引が行える。

海外FX口座のtradeview(トレードビュー)は、 cTraderのプラットフォームでFX取引が行えるようになっている。この cTraderのプラットフォームでFX取引をすることで得られるメリットは、海外FX口座なのに、0.7PIPS~1.5PIPSのスプレッドで通貨ペア取引ができること。&約定拒否がまったく起こらないこと。&スプレッドが開くことがないこと。&自動売買に対応していること。&多種多様なインジケーターを自分のチャートに表示することができること。などがあります。

15.tradeview(トレードビュー)は、スプレッドが狭い。

スプレッドが狭いとされる海外FX口座のXMでのスプレッドが1.7PIPSほどだというのに、tradeview(トレードビュー)のドル円円スプレッドは1.5PIPSほどとなっていますから、スプレッドが狭い海外FX口座で、経済指標スキャルピング取引がしたい、ハイレバスキャルピング取引がしたいという気持ちを持っている人がtradeview(トレードビュー)口座をりようしています。

16.36種類の通貨ペアの取引が可能。

tradeview(トレードビュー)は、基本のドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、スイスフラン円、NZドル円、南アフリカランド円、カナダドル円などの通過ペアと、残り28種類の知名度が低い通貨ペアのFX取引をすることができるようになっていますから、基本の通貨ペア&マイナーな通貨ペアの取引がしたい人がtradeview(トレードビュー)口座を利用しています。

公式サイト
《 Tradeview 》