特別な才能がある人の人生戦略と凡人の人生戦略について。

特別な才能がある人は、自分の持っている特別な才能一つで、自分の夢を何もかもかなえることができるから、才能がある人は凡人ができないような特別な生き方ができる。ところが凡人は、自分の持っている才能がしょぼいので、自分の夢を何もかなえることができないから、凡人は才能がある人とは、別の生存方法を取るしかないんだ。これらのことに気づかない凡人は、俺は特別な才能があるんだと勘違いし、いつまでも花がさかないことのみを頑張るという悲惨の末路を辿るが、自分が凡人だと気づいた人は、俺には特別な才能がないから、凡人にしかできない生存方法を見つけていくしかないと悟るようになり、実際に凡人にしかできない生存方法を実践します。今回は、才能がある人の人生戦略と凡人の人生戦略について。をテーマにして記事を書いています。

特別な才能がある人の人生戦略

特別な才能がある人が、自分の才能がないジャンルのことをがんばること自体が無駄だから、特別な才能がある人は、自分の才能があることだけを頑張ったほうが、自分の人生が上手くいくと思う。このことに気づかずに、サラリーマンという不毛な活動をしてしまっている人は一定数いるし、サラリーマンでしか俺はくっていけないんだと思い込んでいる人は相当数いる。こういう現状を変えるには、特別な才能がある人は、自分には才能がないんだと思い込むことをやめて、俺には特別な才能が思い込むようにすることが大事。

特別才能がある人でも、自分の才能があることだけをやっていると、特定の才能がある人が集まる界隈以外の世界のことしか知ることができず、狭い世界で生きていくことになります。それが嫌だと感じている特別な才能がある人でも、自分に才能がない界隈の仕事をしてみよう。
スポンサーリンク


凡人の人生戦略。

自分は、凡人で組織にしがみつかないと生きていけないというなら、組織にしがみついてお金を稼げばよいだけだし、無理に自分でビジネスを立ち上げてお金を稼ぐ必要はない。これにきづいた凡人は、自分の身の丈に会わない生き方{無理に起業する}をせずに、それなりに給料がもらえる会社で働き続ける選択をするか、会社で金を稼ぎながら、副業でお金を稼ぐ選択をします。ただね、会社で働くという守りに入ると、常人から抜け出すということはできないという問題が発生する。

最後に、

凡人には、凡人なりの行き方がある。