FXにおけるスキャルピングのpips数とは?

FXにおけるスキャルピングのpips数に囚われて、FX取引を行っている時に限って、自分の勝率が相当低いと思われる通貨ペアのレートでポジションを取ってしまい、ポジった通貨ペアの含み損が60PIPS~200PIPSにまで膨らむという最悪の結末を迎えることに。この最悪の結末の時に、含み損を抱えた通貨ペアのポジションを損切りして、損益額を限定させておけばいいのですが、含み損が200PIPSの時にも損切りせずに、含み損が400PIPSになってしまったなんてことになれば、毎日含み損とにらめっこするだけの苦しい日々が訪れることになります。こういう一連の流れを絶対に回避した人は、自分のポジション含み損のPIPS数が自分の決めた数字に到達したら、自分のポジションを決済するようにすれば良い。

FXにおけるスキャルピングのpips数の幅。

■1PIPS ~5PIPSで利益確定をする。

スプレッドが狭いFX口座で、1PIPS~5PIPSの含み益がでたポジションを利益確定する作業を何度も繰り返せば、一日に100PIPS以上獲得することが可能です。ここで気をつけることは、自分のポジションの含み損のPIPSが自分の定める損切りラインに到達したら、自分の含み損を抱えているポジションを損切りしましょう。

■5PIPS~10PIPSで利益確定する。

自分の保有しているポジションの含み益が5PIPS~10PIPSになったら、含み益5PIPS~10PIPS抱えているポジションを利益確定することを数回繰り返せば、一日に30PIPS以上獲得することができます。ここできをつけることは、損切りラインのPIPSの幅は、利益確定のPIPSの幅よりも小さくすること。

■10PIPS以上の利益確定について。

10PIPS以上の利益確定は、スキャルピング取引ではなく、デイトレードやスイングトレード扱いになるので、この記事では触れないようにしますね。

FXにおける スキャルピングのpips数を気にする人にありがちなこと。

■一日の獲得pips数のノルマを定める。

FXにおけるスキャルピングのpips数を気にする人は、スキャルピング取引中ずっと、一日のノルマであるOOpips数を達成したいという気持ちを持っています。この気持ちを持っている人は、一日の獲得pip数を獲得するために、暇さえあればFX取引を行うことが多いし、暇がある時に行ったFX取引に失敗して自分のトレード資金のほとんどを失ってしまうこともあります。

■テクニカルを知らない。

日の獲得pips数のノルマを定めるFX初心者は、テクニカルのテの時をしらない状態でスキャルピング取引を行い、一日のスキャルピングでの獲得PIPS数にこだわる傾向があります。こういうFX初心者の多くは、一度のFXトレードの失敗で、バイトをしてためたFXトレード資金のほとんどを失うことになります。まあ、FXトレードに失敗して、お金を失うのも、良い人生経験になるから、一概にFXトレードの失敗が悪いと言い切ることはできない。

■テクニカルを利用しないとFX取引に勝てないと思い込んでる。

スキャルピングのpips数にこだわるFXの初心者は、テクニカルをうまく使いこなせば、FXのスキャルピング取引で多数のPIPS数をGETできるにきまっていると思い込んでいる節がある。ところがどっこいFX取引の現実は、テクニカルをうまいこと使いこなせたからといって、FX取引ののスキャルピング取引で多数のPIPSを獲得できるとは限らないんだよね。どんなことにも言えるけど、物事に絶対なんてものはないんだよ。

■FX取引の回数が増えれば増えるだけお金が増えると思っている。

FXにおけるスキャルピングのpips数にこだわるFX初心者の多くは、FX取引で損益を出すことを考えていないため、FX取引の回数×PIPS数=現金が自分のもとに入ってくると考えている部分がある。この部分を改善することができないFX初心者は、勝ち目が極端に薄い場面でのFX取引を何度も行い、何度もFX取引で損益を出すことになります。こういうふうになりたくないFX初心者は、FX取引の回数が増える=損益を出す機会が増えるのだということを頭に叩き込んで置こう。

■経済指標の結果を見ないで、FXのスキャルピング取引を行う。

FXにおけるスキャルピングのPIPS数こだわるFX初心者は、経済指標の存在をしらないため、経済指標の結果を見ないでFXのスキャルピング取引を行う。その結果、経済指標が要因の愛変動に対応することができず、自分のポジションが含み損まみれになり、含み損まみれのポジションを損切りを実行することに。このような一連の流れを何が何でも回避したい人は、何時何分になんの経済指標があるのか?と経済指標の結果の両方を必ずチェックするようにしような。

■レバレッジ400倍で、適当にスキャルピング取引を行う。

金が稼げない自分という存在に絶望感を抱いてしまった人は、レバレッジ400倍で、適当にスキャルピング取引を行います。その結果、一度のスキャルピング取引の失敗で、自分のトレード資金のすべてを失ってしまい、あっという間に為替相場から退場することに。このような一連の流れを体験したくないよという人は、レバレッジ10倍程度での好きゃルピング取引をすることを徹底しよう。

■FX取引で一度も痛い目にあっていない。

FX取引で一度も痛い目にあったことがない人は、スキャルピング取引の獲得PIPS数にこだわる傾向があり、FX取引で損することを考えることはありません。それに比べて、FX取引で何度も痛い目にあったことがある人は、スキャルピング取引の獲得PIPS数に一切こだわることなく、FX取引の失敗時の損益をどれだけ小さくすることができるのかについてのみ考えています。

■サラリーマン感覚を持っている。

サラリーマン感覚のFXトレーダーは、頑張った数〔スキャルピング取引〕が多くなればなるほど、自分の獲得できるスキャルピングPIPS数が増加していくと思っています。それに比べて、自営業感覚を持っているFXトレーダーは、少ないトレードチャンスを物にすることができれば、スキャルピング取引の数が少なくても、自分の獲得できるスキャルピングPIPS数を増加させることができると思っています。

■お金に対する執着心が強い。

スキャルピングのPIPS数を気にする人は、FX取引でお金を稼がなければいけないという強迫観念を抱いており、お金に対する執着心が誰よりも強い状態にあります。それに比べて、スキャルピングのPIPS数を気にしない人は、FX取引でお金を稼げなくてもいいかなという気持ちを抱いており、お金に対する執着心がかなり薄い状態にあります。

■FX取引以外しか収入源がない。

FX取引以外しか収入源がない人は、FX取引でお金を稼がないと普通に生活していくことすらできないという脅迫観念から、スキャルピング取引中に、一日のスキャルピング獲得PIPS数のノルマのことについて考えてしまいます。こういう状態に陥ると、エントリーするべきでない場所でポジションを取ったりすることが増え、FXのトレード収支がマイナスになります。