ループイフダンの順張り・逆張りについて。

今現在の為替相場環境をみずに、やみくもにループイフダンの順張りシステムを稼動させたり、ループイフダンの逆張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買で多額の損失を出すことになります。逆に、今現在の為替相場環境を見て、今の為替相場に適した順張りシステム・逆張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買でより多くの利益を得ることができます。これらのことからわかることは、ループイフダンの自動売買をするときは、今現在の相場環境を的確に判断しよう。今回は、ループイフダンの順張り・逆張りについて。をテーマにして記事を書いていきたい。

大まかなトレンド相場〔順張りに適した〕や、レンジ相場〔逆張りに適した〕の区別の仕方。

たとえば、EU圏の国の経済指標の数値が悪い、EUで大きな火種が生まれるなどが続き、EUで良材料がでないと、大きな下げトレンド相場ができあがる。その逆もしかりで、EU圏の経済指標の数値が良好かつ、EUで火種が一切ない、EUで悪材料なしだと、大きな上昇トレンドができるようになっています。これらのことが、大きなトレンド相場〔順張りに適した〕の見分け方です。

たとえば、米国の経済指標の数値の複数が悪いけど、米国でまったくというほど火種がない、米国良材料があるだと、レンジ相場が出来上がる。その逆も然りで、米国の経済指標が複数がよいけど、米国に火種が複数ある、米国良材料がないと、レンジ相場ができあがる。これらのことがレンジ相場の見分け方です。

ループイフダンの順張り・逆張りで利益を出すには?

ドル円が円安に動く材料ばかり、円高に動く材料がゼロのときに、ループイフダンで逆張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買で多額の損失を出すことになりますので、ドル円が円安に動く材料ばかり、円高に動く材料がゼロのときには、ループイフダンで順張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買で利益を出し続けることができます。

ドル円が円高に動く材料と、ドル円が円安に動く材料で入り混じっているときに、ループイフダンで順張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買取引でそれなりの損失をだすことになりますが、ドル円が円高に動く材料とドル円が円安に動く材料が入り混じっているときにループイフダン逆張りシステムを稼動させると、ループイフダンの自動売買取引で利益を出せます。
スポンサーリンク


ループイフダンの逆張りで利益をだしたいと思っている人に伝えたい事実。

ほとんどの為替相場が、7円~10円のレンジ相場で収まるという事実があるので、20円~30円の変動に耐えれるレバレッジでループイフダンの逆張りトレードで運用していれば、ほとんどの為替相場で利益を出すことができます。こういう事実があるので、FX取引で大きな損失を出すことだけは避けたいぞという欲求がある人は、絶対にレバレッジを高くしてはいけない。

ループイフダンの順張りで利益を出したいと思っている人に伝えたい事実。

トレンド相場がおきても、最大でもつ10円程度の上昇や、最大でも10円程度の下落でとどまり、永遠にトレンド相場が続くということはありませんから、ドル円が10円程度の上昇した後にときに、ループイフダンの自動売買がドル円が10円程度上昇したところでドル円ロングのポジションを持ったり、ループイフダンの自動売買がドル円が10円下落したところでドル円ショートのポジションをもったりしたら、自分のドル円のポジションが100PIPS規模の含み損を抱えることになります。これがいやだーという人は、ループイフダンの順張りシステムを使わずに、手動でFX取引をしよう。