ネットカフェの料金の相場と利用方法。

f:id:akihiro5:20190706112530j:plain
ネットカフェを始めて利用したときは、ジュース飲み放題だし、漫画読み放題だし、インターネットし放題だし、ネットカフェ最高すぎるだろ、いえーいみたいなノリだったけど、ネットカフェを何度も利用しているうちに、ジュース飲み放題のサービス自体が当たり前となり、漫画を読むのもスペシャル感がなくなり、インターネットも家でやればいいんじゃないと思うようになり、インターネットカフェ普通じゃないと思うようになった。最近では、ネットカフェの料金設定自体が高いと感じるようなり、ネットカフェよりもデニーズの朝デニーズを利用するようになったし、漫画も家でよめばいいんじゃないか?という思考になった。

ネットカフェの利用方法についての話。

10年前なんかは、ネットカフェを利用するときに、会員カードを作る必要なんてなく、ネットカフェをサクッと利用することができたのだけど、2019年現在では、ネットカフェを利用するときに、会員カードを作ることが必須化されており、ネットカフェをサクッと利用することができなくなってしまった。この事実があるので、初めて利用するネットカフェ利用のために、ネカフェの会員カード作るの面倒くさいなーという思いから、初めて利用するネットカフェをめっきりと利用しなくなってしまった。

ネットカフェが、漫画喫茶利用者に会員カードを作らせるのも、漫画喫茶利用者が悪事を働いたときに、漫画喫茶利用者の身元をさくっと調べ上げて、悪事を働いたネットカフェ利用者を逮捕したいからというもの。こういう理由があるから、ネットカフェ利用者が、ネットカフェの会員カードを作らされるのは仕方がないことなのかなあと俺は思っている。

ネットカフェの料金の相場。

1.激安ネットカフェの場合。

激安ネットカフェの場合、一時間のネットカフェの利用料金が330円ほどと激安で、3時間のネットカフェ利用料金が780円ととてつもなく安い。この激安ネットカフェでは、漫画喫茶の個室ブースをつかうことができず、広いラウンジ席しか使えなくなっている。個人的には、激安ネットカフェを利用するくらいなら、ファミレスのほうが快適だなあと感じる。

2.通常価格のネットカフェの場合。

通常価格のネットカフェの場合、一時間のネットカフェの利用料金が400円ほどとなっていて、3時間のネットカフェの利用料金が880円~1000円となっている。この通常価格のネットカフェには、漫画喫茶の個室ブースを使うことができるので、一人で落ち着いた時間を過ごしたいのであれば、通常価格のネットカフェを使うとよいだろう。また、通常価格のネットカフェの延滞時間は、10分で100円ほどの値段となっています。

3.高級価格路線のネットカフェの場合。

高級価格路線のネットカフェの場合、一時間のネットカフェの利用料金が500円ほどで、3時間のネットカフェの利用用金が1500円となっている。この高級価格路線のネットカフェは、個室ボースはもちろん、お菓子やパンが食べ放題などの特典がありますから、お菓子とかパンを食べてストレスを発散したい人は、高級価格路線のネットカフェを使うとよいだろう。というか、もう何年も高級価格のネットカフェを利用していないなあと。

激安ネットカフェにありがちなこと。

激安ネットカフェはラウンジということもあって、友達同士できているお客さんが大きな声で会話するため、激安ネットカフェに落ち着ける空間はまったくないので、落ち着くことを第一にするなら、通常価格のネットカフェを使うようにしような。激安ネットカフェを使うたびに思うのは、周りの人に、お前は金がないから激安ネットカフェを使っているのか?と思われているんじゃないか?と自分が思ってしまうことである。

通常価格のネットカフェ。

通常価格のネットカフェは、深夜10時間パックの料金が1500円程度ということもあって、家がない人が家代わりに通常価格のネットカフェを利用しているため、通常価格のネットカフェは、いびきをかく人が相当数います。また、通常価格のネットカフェは、シャワーを無料で使うことができるため、ネットカフェのシャワーで体の汗を流すことが可能となっていますね。
スポンサーリンク


高級価格路線のネットカフェ。

高級価格路線のネットカフェは、値段が高いだけあって、深夜10時間パックが2500円ほどとなっているので、家がない人が言え代わりに、高級価格路線のネットカフェを使うことがありません。この事実があるので、高級価格路線のネットカフェは、深夜に人のいびきがあまりないので、人のいびきを聞くのがいやな人は、高級価格のネットカフェを使うようにしよう。

最後に、
ネットカフェの料金の相場と利用方法。について書かせていただきました。