ネム財団の組織再編報道について。NEM(ネム)は倒産するのか?。

2019年に入ってから、ネム財団の組織がなくなってしまうかも、ネム財団の財務状況がやばいからネムもやばいんじゃないか?という憶測が飛ぶようになり、仮想通貨ネムの価格が不安定な状況に陥っていますが、ネム財団とネムはそんなに深い結びつきがないので、ネム財団系のニュースに注視する必要はありません。


ネム財団は、仮想通貨のネムを運営している会社ではなく、ネムを世界に広げていこうと頑張っている集団ですので、ネム財団が倒産しても、ネム自体がなくなることはありません。ただ、ネム以上に魅力的な仮想通貨が登場することで、ネムを使用する人がまったくいなくなってしまうなんてことがおきれば、ネム自体がこの世からなくなってしまうこともありえます。今回は、ネム財団の組織再編報道について。NEM(ネム)は倒産するのか?。をテーマに記事を書いていきます。

NEM財団の組織再編報道の中身。

1.NEMの広報活動がうまくいかなかった。

2018年から、NEMという仮想通貨を全世界に広めるために、NEM財団はNEMの広報活動を全力で行ってきたが、NEM財団の組織がうまく機能せず、NEMの宣伝で最高の結果を得ることができませんでした。このような現状に、NEM財団は、まったく満足していないので、NEM財団は、今の組織を解散して、新しい組織を作っていくという話。これに関して言えることは、NEM財団の広報がうまくいかなかっただけで、仮想通貨ネムに大きな問題が発生したわけではないので、仮想通貨ネムの取引をやめる選択をするべきじゃない。

2.仮想通貨ネムの下落が組織再編の大きな理由。

仮想通貨ネムの価格が大きく上昇していたときは、ネム財団がネムのプロモーションを超適当にやっていても、ネムの知名度が高くなっていったし、多くの人たちがネムを利用してくれていたので、ネム財団の組織に多少問題があっても、ネム財団がネムの組織を再編しようとするアクションを起こすことはなかったのだ。ところがどっこい、仮想通貨ネムの価格が大きく下落していってからは、ネム財団がネムのプロモーションを超適当にやっていては、ネムの知名度があまり高まらず、ネムの利用者が増加することもないため、ネム財団は今のネム財団の組織を再編するというアクションをとりました。

3.ネムがより良い仮想通貨にするためにいっそう努力すると発表。

いままでのネム財団は、ネムの利用者が増えればいいし、ネムの知名度がたかればよいという部分にだけ注力し、一番重要事項であるネムがほかの仮想通貨よりも優れていることや、ネムに存在するデメリットをなくすことにはあまり努力していなかった。これらの現状を良くないと判断したネム財団は、ネムの知名度を高めるだけの活動をすることをやめて、ネムに存在するデメリットをなくす努力をしていくことや、ネムが機能性最強な仮想通貨にする努力をしていくと発表。

4.ネムの知名度を高める活動に金を使うことをやめて、ネムの優れた仮想通貨にするために金を使う。

ネムユーザーは、ネムの知名度にまったく興味がなく、ネムが仮想通貨として有能だからネムという仮想通貨を利用しているのだという事実がります。このことに気づいてしまったネム財団は、ネムの知名度を高める活動に多額の金を使うことを、ネムを優れた仮想通貨にするために、たくさんのお金を使っていくと発言しています。これに関しては、ネム財団が、ネムの知名度を高めるために必須な広告にお金を使わずに、ネムの開発者により多くのお金を使うということである。


5.ネム運営に使うお金を減らして、ネムの財務状況を良くする。

ネム財団は、今までのネムの広報につかった多額のお金を大きく減らすことで、ネムの財務状況をよくしていくと発言しているので、ネムという仮想通貨が財務状況の悪化でなくなることは金輪際ないでしょう。これを、ネムの価格高騰と捉えるのであれば、ネムを購入するべきですし、あまりネム高騰に関与しないと判断するのであれば、ネムを購入するべきではないでしょうね。

NEM(ネム)は倒産しないから、ネムの価格が下落したら、ネムをたくさん買おう。

仮想通貨ネムという世界に革命を与えるかもしれないものが早々簡単になくなることもないし、ネム財団が間単に倒産することもないので、ネムの価格が下落したら、安値でネムを購入するチャンスが到来したぞという良い方向に捉えて、仮想通貨のネムを買うしかない。それに、2019年6月現在は、下がりまくってたネムの価格が、かなり高騰しているので、これから仮想通貨バブルが再来すると思う。
スポンサーリンク


さいごに、
ネム財団の組織再編報道について。NEM(ネム)は倒産するのか?。をテーマにして記事を書かせていただきました。