無職暦一年のニートにおすすめのアルバイト20選。

無職歴が1ヶ月程度だと、精神的にも肉体的にもきついアルバイトをさくっとすることができるし、肉体的に最強にきついと呼ばれるイベント撤去のアルバイトもさくっとこなすことができるし、精神的に最強にきついといわれているテレアポのアルバイトでもさくっとこなすことができるので、無職歴1ヶ月の人はどんな大変なアルバイトでもできちゃいます。それに比べて、無職歴1年だと、精神力が脆さが最強レベルかつ、肉体のもろさが最弱レベルとなっていますから、無職歴1年の人は、精神的にも肉体でにもきつい仕事をすることはできません。今回は、無職暦一年のニートにおすすめのアルバイト20選。について書いていきます。

第一位 無職を続行する。

無職歴1年になって、どうしてもアルバイトをしたくないという気持ちが強いのであれば、もう一年無職生活を送ってみるのもあり。もう一年無職生活を送ることで、俺はこのままで大丈夫なのだろうか?という気持ちが大きくなり、自発的にアルバイトの面接や正社員の面接にいくようになります。

第二位 ラーメン屋でバイトする。

無職歴1年になって、肉体的にも精神的にも強くなりたいという気持ちがあるのならば、精神的にも肉体的にも多くの負荷がかかるとされるラーメン屋のアルバイトをやってみるとよいだろう。また、ラーメン屋のアルバイトとして一年頑張ることができれば、ラーメン屋の正社員にランクアップすることだってできます。

第三位 ウーバーイーツの配達員になる。

アルバイトはしたくないけど、無職から抜け出したい人は、ウーバーイーツの登録会にいけば誰でもなることができるウーバーイーツの配達員になりましょう。このウーバーイーツの配達員がマクドナルドのセットをひとつ配達すると500円、レストランのスパゲティーを配達すると500円もらえるようになっていますから、マクドナルドのセットを一日20件配達するウーバーイーツの配達員は一日10000円稼いでいます。

第五位 正社員になろう。

ニートがアルバイトをしたところで、月収5万円~月収10万円の底辺のまま。だったら、ニートは、アルバイトをするという選択肢を捨てて、月収25万円以上の正社員になる選択をして、より良い人生を送ろう。

第五位 スーパーのレジ。

ニートがスーパーのレジのアルバイトをすることで、ニートは必要最低限のコミュニケーション能力スキルと、レジがスムーズに扱えるスキルの両方を身につけることができます。また、スーパーのレジの仕事を一日8時間週5日で働いても、月収12万円~月収14万円程度しか稼ぐことしかでません。

第六位 日雇いの警備員

日雇いの警備員は、8時間ぼけっと立っているだけで、日給8000円もらえるので、何の苦労もしたくなけど8000円が欲しくてたまらないと思っているニートは日雇いの警備員をやるしかないぞ。ただ、日雇いの警備員をやっていると、日雇いなんかやっている俺に明るい未来は待っているのだろうか?というくらい気持ちになります。

第七位 パチンコ屋の閉店後の清掃。

パチンコ屋の閉店後の清掃は、閉店後のパチンコ屋を2時間掃除するだけで2800円程度のお金がもらえるので、短時間労働しかしたくないニートにこそパチンコ後の清掃のアルバイトをしよう。このパチンコ屋の清掃は、汚いパチンコ屋を清掃しないといけないので、汚いものに嫌悪感を覚えないニートに向いている。

第八位 日雇いのコンサート撤去。

日雇いのコンサートの撤去は、30キロ~40キロもする重いものを運ばなければいけない仕事のため、肉体的にかなりの疲労を感じる。また、日雇いのコンサート撤去の仕事は、45歳の顔の怖いおっさんに暴言を何度もはかれることがある仕事のため、精神的にかなりの疲労を感じる。これら二つの要素が平気であれば、日雇いのコンサート撤去の仕事をしよう。

第九位 ゲームセンターのバイト。

ゲームセンターのバイトは、ゲームセンター内を8時間ふらふら歩いているだけで、日給8000円~日給10000円稼げるので、散歩が得意なニートはゲームセンターのバイトをやってみると良いだろう。ただ、ゲームセンターのバイトは、みながやりたいバイトのひとつなので、なかなかゲームセンターのバイトの内定をゲットできないという厳しい現実がある。

第十位 家業を手伝う。

どの会社も雇ってくれないと自暴自棄になっているニートは、アルバイトをするという選択を捨てて、親の家業を手伝い、親から日給1万円をもらおう。これができるのは、親が自営業をやっている場合に限るので、親がサラリーマンの場合は素直にアルバイトをしよう。

第十一位 個人事業主になる。
無職歴一年のニートなんだけど、アルバイトをするのも嫌だという人は、アルバイトをするという選択肢を捨てて、個人事業主になるという選択をしよう。この個人事業主になれば、一日の労働時間を自分で決めることができるし、一日の休み時間も自分できめることができるし、一ヶ月の休みの日を自分で決めることができるので、自由が欲しいニートは個人事業主になるしかない。

第十二位 ホテルの清掃
ホテルの清掃の仕事は、肉体的には結構疲れるけど、精神的にはそんなに疲れない仕事になっているので、肉体的にきつく、精神的に楽な仕事がしたい人はホテルの清掃の仕事をするといいぞ。また、ホテルの清掃の仕事の時給は、850円~1000円となっています。

第十三位 ティッシュ配り。
ティッシュ配りの仕事は、名前のとおり、ひたすらティッシュを配るだけの仕事になっているので、あまり頭を使わない仕事がしたいニートは、ティッシュ配りのアルバイトをしよう。またティッシュ配りのバイトの時給は900円~1300円となっています。

第十四位 マクドナルドのバイト

マクドナルドのアルバイトの仕事をすれば、ハンバーガーが作れるようになるし、必要最低限のコミュニケーション能力が身につくし、底辺労働が何であるのか?がわかります。また、マクドナルドのバイトの時給は、850円~900円となっています。

第十五位 深夜の施設警備のバイト。
深夜の施設警備の仕事は、深夜に施設内を散歩するだけでお金をもらうことができる仕事となっているので、散歩が何よりも得意だという自負をもっているニートに、深夜の施設警備のバイトはおすすめの仕事です。また、深夜の施設警備のバイトの時給は1000円~1500円となっています。

第十六位 ホームページ作成のバイト。
ホームページ作成のバイトは、会社の公式ホームページサイトを作るという仕事となっているので、ホームページ作成が三度の飯より大好きだと思っているニートにホームページ作成のバイトはおすすめだ。またホームページ作成のバイトの時給は1300円ほどである。

第十七位 求人サイトのライターのバイト。

求人サイトのライターのバイトは、求人サイトの求人の記事を作成する仕事となっているので、文章を作成することに長けているニートに求人サイトのライターのバイトの仕事は超おすすめだ。この求人サイトのライターのバイトの時給は、1000円ほどである。

第十八位 漫画喫茶のバイト
漫画喫茶のバイトは、漫画喫茶のブース内の清掃、漫画喫茶のレジ、漫画喫茶のシャワー室の清掃、漫画喫茶のドリンクバーの補充の全てをこなさないといけない仕事なので、いろいろやることが多い仕事がしたいニートにこそ漫画喫茶のバイトをしてもらいたい。また、漫画喫茶のバイトの時給は900円程度。

第十九位 カラオケのバイト。

カラオケのバイトは、カラオケ屋のフードつくり、カラオケ屋のレジ、カラオケ屋のルームの清掃の全てをこなさなければいけない仕事なので、怠けた人間から真人間にランクアップしたいと思っているニートにこそ、カラオケのバイトをしてもらいたい。また、カラオケのバイト時給は900円だ。

第二十位 アフィリエイター

低時給のバイトなんかやってられるか?というニートは、月収100万円~月1000万円稼げるアフィリエイターになりましょう。また、ペットジャンルのサイトを作っているアフィリエイターは、月収500万円を超えています。
スポンサーリンク


最後に、
ニートから抜け出すしかない。