ふわっちで有名な金バエの月収・年収・余命・彼女について。

仕事への通勤途中に配信することが日課だった金バエさんは、ニコニコ生放送での古事記で会社員以上のお金を得ることを体験することをきっかけに、仕事をやめて、ニコニコ生放送の活動をメインでするようになってしまった。その後、金バエ氏は、ニコニコ生放送をしていては、あまりお金が稼げないということに気づき、投げ銭制度があるふわっちでの生放送での活動をメインでするようになったのだ。そんなふわっちで有名なふわっちで有名な金バエの月収・年収・余命・彼女について。をテーマにして記事を書いていきます。

金バエ氏の月収。

金バエ氏はニコニコ生放送時代は、月収5万円~月収10万円程度の人生の負け組でしたが、活動場所をふわっちに移した金バエ氏は、月収50万円~月収100万円の人生の勝ち組にランクアップすることに成功しています。このような奇跡の人生勝ち組ルートを歩んでいる金バエ氏ですが、金バエ氏の動画内容は、ニコ生時代と同じで、外の世界でキチガイ行動をすることで視聴者を集めるというしょうもないものとなっています。また、最近、金バエ氏は、自分の視聴者数が徐々に減っており、金バエ氏自身も配信で食えなくなるかもしれないという不安を吐露している。

金バエ氏は、第三者によるyoutubeの違法アップロード動画の再生回数の類型が3000万再生を軽く超えていますから、金バエ氏がふわっちの活動だけでなく、youtubeの動画投稿の活動をすれば、金バエ氏は、youtubeの動画投稿でも月20万円程度は稼ぐことができるはず。この事実があるのに、金バエ氏は、なかなかyoutubeの動画投稿に本格参入するというアクションを起こしません。

金バエ氏の年収。

よっさんという古事記系配信者の人が、金バエさんは、年収1000万円稼いでいるみたいですよといっていたので、金バエさんは年収1000万円を稼ぐスーパービジネスマンだと発覚してしまった。当然、年収1000万円もある金バエは、毎日好きなところで仕事をして、毎日好きな日に旅行に行ったり、毎日好きな時間に起きたりしたり、毎日好きな時間に寝たりするという、だれもがあこがれる生活を手にすることができている。

金バエの余命。

金バエ氏は、20年以上の不摂生な食事生活や、20年以上の体に悪いとされる嗜好品を摂取したことで、金バエ氏は肝臓の調子が思わしくないため、金バエ氏の余命は、後10年~15年と推測されている。ただ、金バエ氏は、仕事によるストレスで寿命が縮まるという可能性は0パーセントとなっているので、金バエ氏の余命が20年~25年になることもありうる。まあ、金バエ氏は、多くの人に長生きしないで欲しいと思われていない憎まれものの面がありなので、憎まれものこそ長生きするの定義で、金バエ氏は80歳まで生きることもあるでしょう。

金バエの彼女。

1. あずさ。

ニコニコ生放送で金バエが爆発的な人気があったころに、金バエがつきあった女性があずさであり、あずさは金バエのことが盲目的に好きだった模様。そんな金バエのことが大好きだったあずさは、金バエとの旅行にかかかったお金を全部支払っていたようだ。ちなみに、あずさと金バエが別れた理由は、金バエがいろんな女と浮気するからだそうば。

2.たまこ

ツイキャス配信者である程度トシマで顔が普通のたまこは、売名目的で金バエと付き合っていた女性であるが、金バエ氏とたまこ氏は性格の不一致で分かれた模様。また、たまこ氏は、金バエ氏に日常的に暴言をはかれたり、金バエ氏にDV行為を働かれていたとかいないとか。

3.つばにゃん。

つばにゃんは、元アイドルの女性で、自分の子供の面倒を全く見ていないバツイチの女性である。このつばにゃん氏と金バエが別れた理由は、つばにゃん氏と金バエ氏と口論になったときに、金バエ氏がつばにゃん氏にDV行為を働いたからである。

4. さとみ

さとみと金バエ氏は、なにから何まで馬が合い、さとみ&金バエを超えるベストカップルはいないといわれていたのですが、さとみが金バエの悪いところをひたすら攻撃するようになったことがきっかけで、さとみは、金バエと別れることになったみたいです。まあ、彼氏、彼女の悪いところしかみれなくなったら、本当の意味で恋愛の終わりですね。

5.朝比奈さん

朝比奈さんは、金バエの彼女史上一番かわいいと評判だった女性だったのですが、金バエと朝比奈は、デートのたびに喧嘩したことがきっかけで、朝比奈と金バエの交際はあっけなく終わりを迎えます。まあ、金バエさんは女性にモテまくるから一人の女性に執着することがないため、.朝比奈さんともすぐに別れてしまいました。
スポンサーリンク


さいごに、
ふわっちで有名な金バエの月収・年収・余命・彼女について。書かせていただきました。

関連記事
www.webku.jp