経済指標スキャルピングについて。

FX初心者のうちは、FX取引の利益がすぐに出したい気持ちが強すぎるため、15秒足や30秒足や1分足でスキャルピング取引を行いますが、ある程度FX取引の経験を積むと15秒足や30秒足や1分足でスキャルピング取引の効率が悪いということに気づき、FX取引で利益を出す上で一番効率が良い経済指標スキャルピングを行うようになります。この経済指標スキャルピングで利益を出し続けるには、誰もが予想していないことが為替相場で起こることも想定して、レバレッジを下げてFX取引をすることと、自分の定めたロスカットラインに到達したら、ロスカットすることと、利益確定ラインでの利益確定を渋らないこと、少しでも不安予想があるときは経済指標スキャルピングを行わないことと、経済指標スキャルピング取引に失敗することもあると理解すること。これら全て行うことができないFXトレーダーは、遅かれ早かれ、FX取引で自分の許容量を超えるお金をうしないます。

経済指標スキャルピングで利益を出し続けるためにやらねばいけないこと。

1.誰もが予想していないことが為替相場で起こることも想定して、レバレッジを下げてFX取引をすること

誰もが予想していないことが為替相場でおこることを想定して、レバレッジを下げてFX取引することで、想定外のことが為替相場で起きたときに、大きな損失をださずにすみます。それに、FX取引で大きな損失すことなく、為替相場で生き残ることができれば、いつか為替相場で失った損失額を取り戻すことができます。そうはいっても、ほとんどのFXトレーダーは、金を稼いで何ぼだーという

2.自分が定めたロスカットラインに到達したら、ロスカットすること。

自分の定めたロスカットラインに到達したら、ロスカットすることができる人は、どんな理不尽な為替相場でも大きな損失を出すことがありません。その逆の自分が定めたロスカットラインで、ロスカットをしない人は、理不尽な一方通行相場がきたときに、精神的に復活することが難しいレベルの損失を出します。この二つの事例から導き出したことは、為替相場で生き残ることを目標とするならば、自分が定めたロスカットラインに到達したら、ロスカットしなければならない。

3.利益確定ラインでの利益確定を渋らないこと.

ドル円ポジの含み益が利益確定ラインに達したのに、もっとお金を儲けたい気持ちから、含み益があるドル円ポジを決済することができない。その結果、含み益があるドル円ポジが、含み損があるドル円ポジに変貌してしまった。このような一連の流れを防止するには、含み益があるドル円ポジが利益確定ラインに達したら、即座に含み益があるドル円ポジを決済すれえばよいだけ。

4.少しでも不安予想があるときは経済指標スキャルピングを行わないこと。

少しでも不安要素があるとに経済指標スキャルピングをしないようにするだけで、経済指標スキャルピングで損失を出すことを防ぐことができます。また、不安要素が皆無の場所で経済指標スキャルピングをすれば、脅威の8割超えの確率で経済指標スキャルピングで利益を手にすることができます。この二つのことから導き出したことは、経済指標スキャルピングで損失をだしたくなければ、不安要素があるときは、経済指標スキャルピングをしないようにしよう。

5.経済指標スキャルピング取引に失敗することもあると理解すること。

経済指標スキャルピング取引に失敗することもあると理解するだけで、経済指標スキャルピング取引で損失を出したときのダメージを最小限に抑えることができます。逆に、経済指標スキャルピング取引に成功するはずだと思い込んでいると、経済指標スキャルピングで損失をだしたときの精神ダメージが計り知れないものになります。この二つのことかわらわかったことは、何事もうまくいかないとおもっておけば、うまくいかなかったときの精神ダメージを小さく抑えることができる。


6.経済指標の結果どおりに通貨ペアのレートが動かないこともある。

基本的には、経済指標の結果どおりに、通貨ペアのレートが動くのだけど、たまに経済指標の結果が良いのに、通貨ペアレートが下落したり、経済指標の結果が悪いのに、通貨ペアレート上昇することがあります。こういうことがあることがあるのだとわかっておくことで、経済指標の結果どおりに通貨ペアのレートが動かなくても、あせらずに対処することができます。

7.スキャルピングPIPS獲得数にこだわらない。

スキャルピングPIPS獲得数にこだわっている人は、参加する必要がない経済指標でもスキャルピングをしてしまい、経済指標スキャルピングで100万円規模の損失を出しています。それに比べて、スキャルピングPIPS獲得数にこだわりがない人は、参加する必要がない経済指標でスキャルピングをすることがないため、経済指標スキャルピングで100万円規模の損失を出すことはありません。この二つのことからわかったことは、経済指標スキャルピングで損失をだしたくなければ、スキャルピングpips獲得数にこだわることをやめよう。

8.ポンド円とユーロ円の取引をしない。

ポンド円とユーロ円の経済指標スキャルピングで利益を出すことができなければ、ポンド円とユーロ円の取引をしないほうがよい。それに、苦手なポンド円とユーロ円の取引をしている時間があったら自分の得意意識がある通貨ペアのFX取引をしたほうが良い。そうはいっても、たった30分で100PIPS抜きを達成してやりたいのだという気持ちを制御できず、ポンド円とユーロ円の取引をしてしまうのだけど。

9.一日に発表される経済指標を全てチェックしておく。

一日に発表される経済指標を全てチェックしておくことで、リスクが高い経済指標が発表される日に経済指標スキャルピングをしないという選択をすることができます。逆に、一日に発表される経済指標を全てチェックしておかないと、リスクが高い経済指標が発表されるのに、経済指標スキャルピングをしてしまうとミスを犯してしまいます。この二つのことからわかったことは、一日発表される経済指標をチェックしておくことは、FX取引で損失を出さない上でとても重要なこと。

10.経済指標スキャルピングをするときめたら、その他スキャルピングをしない。

経済指標スキャルピングをすると決めたら、その他スキャルピングをしないことを徹底することで、その他スキャルピング取引で大きな損失を出す事態に逢うことがありません。逆に、経済指標スキャルピングをすると決めているのに、その他経済指標スキャルピングをすると、その他経済指標スキャルピングで大きな損失を出す事態に逢うことになります。

経済指標スキャルピングのやり方を伝授。

1.米国の経済指標の数値が大幅に悪化であれば、ドル円ショート。米国の経済指標が大幅に良好であればドル円ロング。

米国の経済指標の数値が大幅に悪化すると、ドル円レートが大きく下落する傾向があるので、ドル円ショートのポジションを持つのが得策。米国の経済指標の結果に大幅に良好になると、ドル円レートが大きく上昇する傾向があるので、ドル円ロングのポジションを持つのが得策とされている。

2.重要度が☆3のドイツの経済指標の数値がとてつもなく悪い水準であれば、ユーロ円ショート。重要度が☆3のドイツ指標がとてつもなく良い水準であれば、ユーロ円ロング。

重要度が☆3のドイツの経済指標の数値がとてつもなく悪い水準であれば、ユーロ円のレートが大きく下落する傾向があるので、ユーロ円ショートのポジションを持つのが得策。重要度が☆3のドイツの経済指標の数値がすこぶる良い水準であれば、ユーロ円のレートが大きく上昇する傾向があるので、ユーロ円ロングのポジションを持つのが得策。

3.重要度が☆3~☆5のイギリス指標の数値が想像を絶する悪い水準であれば、ポンド円ショート。重要度が☆3~☆5のイギリス指標が想像を絶する良い数値であれば、ポンド円ロング。

重要度が☆3~☆5のイギリスの数値が想像が想像を絶する悪い水準であれば、ポンド円のレートが大きく下落する傾向があるので、ポンド円ショートのポジションを持つのが得策。重要度が☆3~☆5のイギリス指標の数値が想像を超える良い水準であれば、ポンド円のレートが大きく上昇する傾向があるので、ポンド円ロングのポジションを持つことが得策。

経済指標スキャルピングに適した海外FX口座とは?

第一位 最大レバレッジ888倍【XEMarkets】

XMは最大レバレッジ888倍を利用して、通貨ペアのポジションを取ることができるメリット以外にも、取引量ボーナス&入金ボーナス&口座開設ボーナス3000円を受け取ることができるメリットがあります。また、XMは、20パーセントロスカットシステムがあります。


第2位 [ Big Boss ] 極狭スプレッドを提供!


BIGBOSSはレバレッジ555倍を利用して、通貨ペアのポジションを取るできるメリット以外にも、取引量ボーナス&入金ボーナスが受け取れます。

関連記事

www.webku.jp