株式会社アトラエの月収/年収・ 住宅手当について。

株式会社アトラエは、次世代を担っていく会社の求人がたくさん掲載してあるGreenや、素晴らしい人達と出会うことができるアプリのyentaや、会社組織を良い方向に導くために必須なwevoxのツールを販売といった素晴らしいビジネスで日本を盛り上げているベンチャー企業となっています。この株式会社アトラエのプログラマーになれば、一年目から月収40万円~月50万円、年収換算で500万円を稼ぐことができますし、株式会社アトラエのプログラマーとして大活躍すれば、年収800万円を稼ぐことだって不可能なことではありません。しかも、株式会社アトラエさんは、会社から3500メートル以内に住んでいる社員で住宅手当2万円をプレゼントしている太っ腹な会社です。そして、株式会社アトラエは完全週休二日を導入している素晴らしい会社でもあります。今回は、株式会社アトラエの月収/年収・ 住宅手当・評判について。をテーマに記事を書いていきます。

株式会社アトラエの月収/年収

1.入社1年目の株式会社アトラエのプログラマー。

株式会社アトラエさんは、入社一年目のプログラマーに月収25万円という破格な待遇と業績に応じたボーナスを付与という待遇を用意しているため、株式会社アトラエ入社一年目のプログラマーは、年収400万円以上稼ぐことができています。

2.入社5年目の株式会社アトラエノプログラマー。

株式会社アトラエさんの入社5年のプログラマーは、月収38万円&ボーナス年額55万円の待遇を受け取っており、さくっと年収500万円を稼ぐことができています。また、株式会社アトラエさんは、給料が大きく変動することがないので、入社5年目のプログラマーの年収が500万円を下回ることはありません。

3.入社10年目の株式会社アトラエのプログラマー。

株式会社アトラエさんの入社10年目のプログラマーは、月収43万円&ボーナス年額79万円の待遇を受け取っており、さくっと年収600万円を稼ぐことができています。また、株式会社アトラエさんは、事業がかなり安定しているので、事業悪化で年収600万円がもらえないなんてことが起こることはほぼありません。
スポンサーリンク


株式会社アトラエさんの住宅手当。

株式会社アトラエの社長さんは、自社の社員が長時間の通勤で精神的なストレスを感じたり、肉体に大きな疲労を感じるストレスを感じたりすることを防止するために、株式会社アトラエから3500メートル以内に住んでいる社員に、毎月2万5000円の住宅手当を出しています。これだけの住宅手当を社員に簡単に出せてしまう株式会社アトラエさんは、社員を自分達の家族だと思っていることがわかります。ってことで、株式会社アトラエさんが自社の社員に住宅手当2.5万円を支払っている理由について触れていきますね。

1.通勤に時間がかると、会社到着後1時間ほど社員が通勤の疲れを取ることに使う。

通勤に時間をかけている社員は、会社到着後1時間ほど社員が通勤の疲れを取ることに使い、会社で一生懸命仕事をするというアクションを起こしません。こういう事態を回避するには、自社の社員の会社の近くに住んでもらい、社員の通勤時間を減らすしかない。

2.通勤も仕事のうち。

会社からしたら、通勤は仕事ではないという認識ですが、社員からしたら、通勤も仕事のうちの一つで、通勤も仕事同様ストレスがたまります。こういうことを知っている株式会社アトラエの社長は、自社の社員の通勤ストレスを減らそうと、自社の社員に住宅手当25000円をプレゼントしています。

3.住宅手当25000円がもらえると社員が会社を離職しなくなる。

住宅手当25000円をもらった社員は、転職したら住宅手当25000円がもらえなくなってしまうという恐れから、競合他社の会社に転職すると言う選択はしません。


4.会社の社長に感謝の気持ちを持つようになり、会社の雰囲気がよくなる。

住宅手当25000円をもらった社員は、会社の社長に感謝の気持ちを持つと同時に、会社の社員にも感謝の気持ちを持つようになり、会社全体の雰囲気がかなり良い状態になります。逆に、会社の社長が、会社の社員に何の手当ても上げなければ、社員が社長に対して、良い印象を持つことはありません。

5.日曜日が憂鬱でなくなる。

住宅手当25000円をもらって、会社の近くにすめば、日曜日の夜に、会社の通勤が憂鬱だなあと思うこともなくなるし、日曜日の夜に会社の通勤が楽でハッピーだと感じるようになります。