10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントについて。

会社 10年後、生存率は、総務省 6.3パーセントから、会社員になるのはやばい、これからはフリーランスの時代だと煽ってくる人がいるのだけど、会社がなくなったら、新しくできた会社に再就職すればいいだけなので、別に無理してフリーランスになる必要はないと思う。後さ、サラリーマンをやっていれば、自分の仕事の成果に関わらず、毎月20万円以上のお金を手にすることができるから、お金を稼ぐという意味ではフリーランスよりもサラリーマンのほうが最高だよなと思う。今回は、10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントについて。をテーマにして記事を書いていきたい。

10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントについてのおかげで救われる人もいる。

会社の寿命が永遠に続くのであれば、サラリーマンになるというのが正解であり、フリーランスや起業的な生き方をするのが不正解となってしまうので、10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントという事実があるおかげで、自分のフリーランスになるという選択を正当化できているフリーランスは相当数いると思う。僕自身もフリーランスになったときは、本当に毎月の固定給を捨ててまでフリーランスになるべきだったのか?と自問自答していたし、会社 10年後、生存率は、総務省6.3パーセントしかないのだから、俺がフリーランスになる選択をしたのは大正解だと自分に思い込ませていた。

10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントという言葉をそんなに気にする必要はない。

10年後、会社の生存率は、総務省6.3パーセントという数字にとらわれすぎると、大企業でそんなに働きたくないのに大企業で働く選択をしたり、公務員になりたくないのに、公務員になる選択をしたりしています。こういう生き方を選択すると後々後悔することになるので、自分がベンチャー企業で働きたいなら、ベンチャー企業で働くべきだし、自分がスタートアップ企業で働きたいならば、スタートアップ企業で働くべきだし、自分が起業したいなら、会社を立ち上げればいいと思うのです。ただね、会社勤めの人に覚えてほしいことは、会社の成果は会社のものとなり、自分の成果にはならないということは忘れてはいけません。

会社 10年後、生存率は、総務省6.3パーセントが怖い人が取るべき行動。

1.公務員になる。

会社 10年後、生存率は、総務省6.3パーセントが怖いと思っているのあれば、65歳まで絶対に解雇されることがない公務員になるしかない。それがわかっいても、公務員試験の勉強をするのも面倒くさいとか、公務員になったところで月収20万円しかもらえんとか、俺は会社経営者になるとかいって、公務員になるという選択をしない人は、日本国内に相当数いると思う。

2.超大企業に入る。

自分が定年までトヨタやリクルートや電通やホンダや日産がつぶれることはないという事実が存在している以上、絶対につぶれることがないだろうと自分で確信できる超大企業のトヨタやリクルートや電通やホンダや日産でサラリーマンになれば、超大企業のトヨタやリクルートや電通やホンダや日産のサラリーマンとして65歳まで働くことができるだろう。

3.FX取引でお金を稼げるようになる。

サラリーマンの給料とは別に、FX取引で毎月30万円稼げるようになれば、サラリーマンとしてお金が稼げなくなっても、FX取引でお金を稼げばいいかという心の余裕がうまれるし、いつでも会社を辞める選択をとることができる。このことがわかっている人は、FX取引が危険だからやらないという選択をせずに、FX取引でお金を稼げるようになるまでFX取引を続行するという選択をしています。

4. アフィリエイト収入で30万円を目指す。

会社 10年後、生存率は、総務省6.3パーセントが怖いし、会社がなくなった瞬間に給料が0円とか明らかにやばいだろと思っている人は、アフィリエイトサイトを複数つくり、アフィリエイト収入で月収30万円をめざそう。また、実際にアフィリエイト収入を超えると、会社がなくなったらどうしようという恐怖感がなくなり、のびのびとサラリーマン生活がおくれます。

5.ライブ配信の投げ銭だけで、月収三十万円を目指す。

ライブ配信の投げ銭だけで、月収三十万円を稼げるだけの知名度を手にすることができ手いる人は、ライブ配信の投げ銭で月収三十万円、youtubeの広告収入で月収15万円、自分の知名度を生かしたブログ収入で10万円の累計55万円の収入を得ることができています。こういうのが最高だなーと思った人は、ライブ配信の投げ銭だけで、月収三十万円を目指すようにしましょう。

6.生活保護を受給する。

サラリーマンはいつ会社に切られて、収入が0になる恐怖にびびりながら、生きていくことになりますが、生活保護受給者は、生活保護の不正受給をしない限りは、自分の収入が0になることはないし、毎月15万円相当の所得を得ることができます。このことに魅力を感じてしまった人は、会社で労働をすることをやめて、生活保護受給者になっています。

7.売れる商品を開発する。

売れる商品を開発して、アマゾンや自社ネットショップで売れる商品を販売しまくるということを実践すれば、最高月収1000万円はおろか、最高月収1億円を稼ぐことだって可能だと思います。ただ、売れる商品を開発するのが大変だし、アマゾンや自社ネットショップで、物を売るのも結構面倒くさいです。
スポンサーリンク



8.営業マンになる。

営業マンの仕事は、どれだけ自動ロボット化が進んでも、なくならない仕事となっていますから、自分のスキル不足で仕事に就けないという状況を回避したい人は、フリーランスの営業マンか、ベンチャー企業の営業マンになろう。一つだけ問題があるとすれば、営業マンの仕事のストレスは、事務職やプログラマーのストレスの二倍や三倍レベルです。

9.DJになる。

DJの仕事も営業マン同様、ロボットでどうこうできる仕事ではないので、どれだけ自動ロボット化が進んでも、DJの仕事がなくなることはありませんから、一生食いぱぐれったくなくて、音楽が大好きだ、クラブが大好きだという強い気持ちを持っている人は、DJの仕事についてみるのもありだと思います。

10.飲食店経営者になる。

飲食店でご飯食べるという文化がなくなることはありませんから、飲食店経営を通じて最高の料理を多くの人に届けたいと思っている人は、雇われの飲食店の店員を辞めて、自分で飲食店を経営する選択をするのもあり。自分で飲食店を経営すれば、雇われの飲食店経営者ではたどり着けない月収1000万円ものお金を稼ぐことが可能です。

最後に、
10年後、会社の生存率は、総務省 6.3パーセントについて。をテーマに記事を書かせていただきました。