アイフォ戦士とは?

iforexでハイレバスキャルピングをしている人(アイフォ戦士)は、ハイレバスキャルピングで一日5万円~20万円をコンスタントに稼ぎ出しています。この層に当てはまる人もいれば、ハイレバスキャルピング&ハイレバデイトレード&ハイレバスイングトレードにしくじり、一日5万円~25万円のお金を失っています。これらの成功者と負け組がiforex利用者にはいるということをしっておくだけで、常に気を引き締めて、iforexでのFX取引をすることができます。今回は、アイフォ戦士とは?をテーマにして記事を書いていきます。

アイフォ戦士とは?

アイフォ戦士とは、最大レバレッジ400倍のFX取引をすることができるiforexで、自己資金が0になるリスクを恐れることなく、果敢にハイレバで経済指標スキャルピングをおこなっている人のことをさします。このアイフォ戦士の一部は、ハイレバの経済指標スキャルピングを目標とする額をサクッと稼いでしまい、iforex口座から全額出金して、FX取引をやめてしまう人もいます。その他大半のアイフォ戦士は、ハイレバの経済指標スキャルピングで目標とする額をサクッと稼いいだあとも、ハイレバでの経済指標スキャルピングを行い、更なる高みを目指します。

10年以上のFXトレード暦があるアイフォ戦士は、レバレッジをうまく使い分けることで損小利大のトレードを行い、着実に自分のiforex口座の残高を増加させることができています。その一方で、1年未満のFXトレードのアイフォ戦士は、レバレッジをうまく使い分けることができないせいで、何度も損大利小のFX取引を行い、着実に自分のiforex残高を減少させていっています。

アイフォレックス口座残高を0にすることなく、アイフォレックスで何年もFX取引を続行させているアイフォ戦士は、利益確定ラインでの利確&レバレッジ管理&損切りラインでの損切りを全ておこなっています。また、アイフォレックスで人財産を築いている人は、お金を失うことに対する恐怖をもたず、ハイレバレッジでのFX取引をするけいこうがありますね。

アイフォ戦士になることで発生する利点。

■200億円稼げる。

アイフォレックス口座で、レバレッジ100倍~レバレッジ400倍の取引を幾度とも無く成功させることができれば、5億円~200億円のお金を稼ぐことができます。それに、資産200億円トレーダーになれば、レバレッジ10倍でも、1億円~2億円のお金をサクッと稼ぐことができるので、FX取引で大金を稼ぐことの難易度がガクッとさがります。

■5分間のFX取引で500万円の利益が得られる。

フリーターや正社員の方々では、24時間で2万円~3万円のお金しか稼ぎ出すことができず、大金をサクッと稼ぐことができません。それに対して、アイフォ戦士は、ハイレバとのFX取引をすることで、5分間に500万円の利益が得られるので、大金をサクッと稼ぐことができます。この二つのことからでた結論は、大金をサクッと稼ぎたければ、アイフォレックスでレバレッジ400倍の取引をするしかない。

■真の意味での自由人になれる。

アイフォレックス口座でのFX取引をすることで、10億円~20億円のお金を稼ぎってしまえば、一生労働という苦しみを知ることなく、生きていくことができます。それに対して、サラリーマンは、どんなにがんばっても10億円~20億円のお金を稼ぎ出すことができないので、一生労働という苦しみを感じながら、生きていくことになります。この二つのことからでた結論は、真の意味で自由人になりたければ、iforexで10億~20億の金を稼ぐしかない。

■高いレバレッジでのFX取引になれる。

アイフォレックス口座で、高いレバレッジでのFX取引をすることになれると、高いレバレッジでのFX取引で緊張することが無くなります。当然、高いレバレッジでのFX取引時に緊張することがなくなれば、高いレバレッジでのFX取引の成功確率が大幅に上昇します。

■アイフォレックス口座での損失は、雑所得の損失扱いにできる。

アイフォレックス口座での損失は、雑所得の損失扱いにできるため、確定申告時に(雑所所得-iforexの損失)の分の税金を国に押さめることになります。当たり前のことですが、確定申告時に、iforexの損失を記載しないと、雑所得分全ての税金を国に収めなければいけません。

■株&指数&商品の取引をすることができる。

アイフォレックス口座で株&指数&商品取引を行うができるため、株&指数&商品の取引で1億円~200億円のお金を稼ぎ出すことができます。当たり前のことですが、株&指数&商品の取引でえた数億円の半分は、国に税金として支払う必要があります。

■レバレッジ10倍のFX取引の難易度の低さを知ることができる。

国内FX口座でのレバレッジ10倍のFX取引では、1000PIPSほどの含み損に耐えることができるため、自分がポジった通貨ペアのほとんどが助かります。逆に、iforexでのレバレッジ400倍のFX取引では25PIPSの含み損に耐えることしかできないため、自分がポジった通貨ペアの大半は助かりません。この二つのことから導き出せることは、レバレッジ10倍のFX取引の難易度をしることができるということだ。

■レバレッジ10倍のFX取引しかしたことない人は、いつまでたってもレバレッジ400倍で大金を稼ぐために必要なスキルが身につかない。

レバレッジ10倍のFX取引しかしたことがない人は、レバレッジ400倍のFX取引で利益を出すためには、何をやればよいのかがわからないままです。それに比べて、レバレッジ400倍の取引とレバレッジ10倍のFX取引の両方をしたことがある人は、レバレッジ400倍のFX取引で利益を出すために何をやればよいのかがわかっています。この二つの事例からわかることは、レバレッジ400倍のFX取引をすることで、自分のトレードスキル上昇につながるということ。

■一度のレバレッジ400倍のFX取引で200PIPS抜きをすれば、いままでのFX取引の負けを取り戻せる。

一度のレバレッジ400倍のFX取引で200PIPS抜きをすれば、レバレッジ15倍~レバレッジ50倍のFX取引で1000PIPSの損失額を大きく上回る利益を手にすることができ、今までのFX取引の負けを取り戻すことができます。

■iforex利用者は、追証のリスクから逃れることができる。
iforex口座は、追証分のお金はiforex運営が負担するため、、証拠金維持率が-10パーセントになっても、証拠金維持率10パーセントをFX会社に支払う必要がありません。それに比べて、国内FX口座は、追証分のお金をFXトレーダーが負担するため、証拠金維持率が-10パーセントになると、証拠金維持率10パーセントをFX会社に支払わなければいけません。この二つのことからわかったことは、追証のリスクから逃れたければ、アイフォレックスでFX取引をしよう。

公式サイト
iforex