派遣社員辞めるときに、気まずい。

派遣社員辞めるときに、気まずいと思ってしまい、給料が安い派遣社員の仕事をやめられない人が日本には大量にいますが、派遣社員を続けることのリスク〔いつまでたっても給料が変わらない、正社員としてのキャリアを積むことができない、気づいたら35歳になって就職できなくなっている〕に目を向ければ、派遣社員辞めるときに気まずいという気持ちが一切なくなり、派遣社員なんて、とっとと辞めてやるというアクションを起こすことができます。これをやることで発生する問題は、派遣会社にお金を落とし続けてくれる派遣社員がいなくなり、派遣会社の利益額が減るというものだけで、辞めた派遣社員が被る問題は0である。今回は、派遣社員辞めるときに、気まずい。をテーマにして記事を書いていきます。

派遣社員を辞めるときに、気まずいという気持ちをなくすの心構え。

1.派遣社員は、派遣先の会社では部外者でしかない。

派遣先の会社で働いている派遣社員は、自分は派遣先の会社の仲間だと思っている人もいるみたいだが、実際は、派遣社員は、派遣先の会社の仲間ではなく、単なる部外者でしかないという事実がある。ここでいう部外者である派遣社員がいなくなったところで、派遣先の会社の人は誰も悲しむこともないし、代替可能な人間がいなくなったぞというくらいにしか思わないのだから、いなくなっても誰も悲しまない派遣社員は、自分が派遣社員を辞めたいと思ったら、辞めるのが気まずいとか思わずに、とっとと派遣社員なんてものを辞めてしまおう。

2.派遣会社にとっての派遣社員はただの金を稼ぐ道具。

派遣会社にとっての仲間は、自分の派遣会社の営業マンだけであり、派遣会社所属の派遣社員は部外者であり、ただの金を稼いでくれる道具でしかないという事実がある。ここでいう金を稼いでくれる道具である派遣社員がいなくなったら、派遣会社は新たなる派遣社員を捕まえてこればよいだけでなので、派遣社員を辞めたら、派遣会社が困るとかいう余計なことを考える必要は一切。
スポンサーリンク



3.派遣社員として、雇ってくれて感謝する必要は一切ない。

自分が他社の会社で派遣社員として働くことで、他者の会社が支払う7割分の給料が自分の手元に入ってきて、残り3割は派遣会社に入るという事実がある以上は、自分の労働分の3割もの給料をただでくれてやっている派遣社員に、派遣会社が感謝するべきでさり、派遣社員が派遣会社に感謝する必要は一切ない。こういう理論がある以上、派遣社員を辞めたいと思ったら、気まずいという感情をとっとと捨てて、さっさと派遣社員をやめて、正社員か自営業になりましょう。

4.派遣社員として、働いたところで、大したスキルは身につかない。

正社員の仕事を3年やれば、どこの会社でも通用する素晴らしいスキルが身につきますが、代替可能な仕事内容の派遣社員を3年やったところで、派遣先の会社でしか通用しないスキルしかみにつきませんので、とにかくスキルアップがしたいという強い気持ちを持っている人は、派遣社員なんて辞めて、とっとと正社員になってしまいましょうね。

5.派遣社員には、ボーナスもなければ、昇給もない。

派遣社員というボーナスもなければ、昇給もないという地獄の環境で仕事をさせている派遣会社という諸悪の根源に感謝する必要なんてどこにもありませんから、早く幸せになりたいという気持ちを持っている派遣社員は、派遣会社をさっさと辞めて、ボーナスありで昇給もある正社員の仕事につきましょうね。

最後に、
派遣社員辞めるときに、気まずい。をテーマにして、記事を書かせていただきました。