FX投資の勉強をする意味は無い。

FX関連の書籍を100冊読んで、FX取引の知識を頭に叩き込んだところで、FX取引で利益を生み出すために必要とされる危機察知能力や、利益確定を遅くする忍耐力や、損切りを早くする決断力や、通貨ペアの値動きを予測する相場観を身につけることはできないので、FX関連の書籍を読むよりも、実際にFX取引をやってみたほうがFXトレーダーとして何倍も成長することができるでしょう。そうは思っていても、FXの関連書籍には、FX取引の必勝方法が書いてあるかもしれないとか、FXの書籍くらい読まないという思い込みを持っているとかという思いから、実際にFX取引をすることを後回しにして、FX関連の書籍を呼んでしまうんですよね。

FX投資の勉強をするよりも実際にFX取引をしたほうが良いという主張をしましたが、FXの知識がないと為替相場で痛い目にあうことがあるので、実際にFX取引を始める前にFX書籍をよんでおくようしましょう。また、FXの書籍を読むのが苦手だよーという人は、稼いでいるFXトレーダーとして有名な黒猫アイランドさんのブログや、FX界隈の人のツイッターを呼んでおくようしましょう。今回は、FX投資の勉強をする意味は無い。をテーマに記事を書いていきたい。

FX投資の勉強をせずに、FX取引をすることで得られるもの。

FX投資の勉強をせずに、FX取引をすることで得られるものは、ユーロ円利下げイベント時にユーロ円ロングのポジションを持つのはバカがやることだと理解できる。&FX取引で損失を出した数だけ、FXトレーダーとしてランクアップできる&なんと無くFX取引をやって、なんと無く、FX取引で利益を出す体験をすることができる。& FOMCや雇用統計に参加しないのもありという考えを持つようになる。&高いレバレッジは危険であり、低いレバレッジは安全であることをしれる。&経済ニュースをチェックしないことが原因で、FX取引大きな損失を出す経験できる。&トランプの発言に対応できず、100PIPS規模の損切りをする経験ができる。&ポンド円急騰に対応できずポンド円で400PIPSの損切りをしする経験ができる。& テクニカルを勉強するだけ無駄だということが理解できた。& メンタルの調子が悪いときにFX取引をしないほうがいいということが理解できたなどの10個。

1.ユーロ円利下げイベント時にユーロ円ロングのポジションを持つのはバカがやることだと理解できる。

ユーロ円利下げイベント時に、ユーロ円ロングのポジションを持ってしまい、自分のユーロ円ロングのポジションが強制ロスカットされる経験をすると、ユーロ円で利下げが発表されたら、ユーロ円ショートのポジを取ること、ユーロ円で利上げが発表されたら、ユーロ円ロングのポジションをもつことが大事であることを理解できます。これを身をもって理解するには、一度ユーロ円の利下げイベントで大損経験をするしかありません。

2.FX取引で損失を出した数だけ、FXトレーダーとしてランクアップできる。

FX取引利益をだした時は、自分のFX取引について深く考察することがないので、FXトレーダーとしてランクアップすることができませんが、FX取引で損失を出したときは、自分のFX取引について深く考察することになるので、FXトレーダーとして一段階も二段階も三段階もランクアップすることができます。これらのことをしっていても、FX取引損失をだすと、FX取引で損失をだしたことを忘れたいと思ってしまい、損失したFXトレードを分析する人はほとんどいません。

3.FOMCや雇用統計に参加しないのもありという考えを持つようになる。

FOMCの予想をはずし、FOMC発表時のスキャルピング取引で損失を出すと、FOMCに参加するのをやめようという選択をするようになる。また、雇用統計の予想をはずし、雇用統計のスキャルピング取引で損失をだすと、雇用統計に参加しない用にしようと思うようになる。

4.なんと無くFX取引をやって、なんと無く、FX取引で利益を出す体験をすることができる。

FXの知識が無いときにFXトレードをした人は、なんとなくFX取引で利益を出す経験をしているし、なんとなくFX取引で損失を出す経験をしているので、なんとなくFX取引をすることをどういうことか体験したければ、FX取引の知識が0のときにFX取引をしよう。まあ、なんとなくFX取引をするのは、あまりよろしいことではないんだけどね。

5.高いレバレッジは危険であり、低いレバレッジは安全であることをしれる。

高いレバレッジを活用した通貨ペア取引が美味くいかず、40万円~1000万円のお金を失うと、高いレバレッジを活用した通貨ペア取引をすることを辞めようという思うようになるし、低レバレッジでの通貨ペア取引が安全であることをしることができます。

6.経済ニュースをチェックしないことが原因で、FX取引大きな損失を出す経験できる。

経済ニュースをチェックしていれば、経済ニュースを元に通貨ペアのポジションを取ることができるので、経済ニュースをチェックしないことが原因でFX取引で大きな損失を出すことがありません。逆に、経済ニュースをチェックしていなければ、経済状況とは逆方向に通貨ペアポジションをとったことで、自分の通過ペアポジションの含み損が200PIPSを超えることもありませす。これら二つのことからわかることは、FX取引の収益だけで生活したい人は、経済ニュースを見るようにしよう。

7.トランプの発言に対応できず、100PIPS規模の損切りをする経験ができる。

FX投資の勉強もしていない&FX取引経験が足りていない人は、トランプの発言後のドル円の値動きを読み違えてしまい、自分のドル円ポジションの含み損が100PIPSに到達することになります。この経験をすることで得られるものは、トランプ大統領の発言する可能性が高い時間帯にドル円のポジションを取らないようにしようと思うようになること。

8.ポンド円急騰に対応できずポンド円で400PIPSの損切りをしする経験ができる。

FX投資の勉強をしている人は、ポンド円の上昇トレンド方向が発生したら、ポンド円ロングのポジションをとるため、ポンド円の急騰で400PIPS以上の利益確定をすることができます。逆に、FX投資の勉強をしていない人は、ポンド円の上昇トレンドが発生しているのに、ポンド円ショートのポジションをとるため、ポンド円のポジションの含み損が400PIPSになります。これらふたつのことからわかることは、ポンド円取引で損失がだしたくなければ、トレンドが発生しているのか?トレンドが発生していないのか?を見極める能力を身に着けましょう。

9.テクニカルを勉強するだけ無駄だということが理解できた。

テクニカルを勉強した後に、テクニカルを利用したFX取引で大損失を出すと、FX取引においてテクニカルは重要ではないことが理解できる。また、テクニカルを利用せずに、トレードルールを守ったFX取引で大きな利益を出すと、FX取引おいて、テクニカルが需要ではないことを再確認することができる。

10.メンタルの調子が悪いときにFX取引をしないほうがいいということが理解できた。

メンタルの調子が悪いときに、FX取引をすると、為替相場の状況判断がうまくできず、損失がでる方向に通貨ペアのポジションをとってしまいます。逆に、メンタルの状態が最高に良いときに、FX取引をすると、為替相場の状況判断が的確にでき、利益が出る方向に通貨ペアのポジションをとります。これら二つの経験をすることで、メンタルの調子が悪いときに、FX取引をしないほうが良いことを理解できるようになります。

投資の勉強をする意味はないと思っている人からの評価が高い国内FX口座とは?

第一位 DMM.com証券

☆DMMFXには、最大レバレッジ25倍でのFX取引が行える国内FX口座。
☆最大20000円のキャッシュバックキャンペーンを開催しています。
☆世界トップクラスの狭いスプレッドを提供している。
☆DMMプレミアムチャートが最強すぎる機能性を誇る。



第二位外為ジャパン

★外為ジャパンには、通貨ペア取引画面がシンプルなことと、
★DMMFXと同水準でのスプレッドを提供している。
★大手のDMMが運営しているFX会社だから安心であること。
★、ロスカットシステムがあることなどの魅力があります。
★20000円のキャッシュサービスがあること。


第三位 【SBIFXトレード】

★SBIFXは、たった5円からFX取引をすることができる。
★ドル円スプレッドが0.27PIPSであることなどの魅力があります。


関連記事
www.webku.jp
www.webku.jp