FX取引で間違うことはある。

FX取引で、自分の為替相場の値動き予想が間違うこともあるし、自分の通貨ペアポジションを取るという選択自体が大きな間違いだったりすることもあるし、自分が1000パーセント勝てるというポジションで大きな損失がでることだってあるのだから、FX取引をしている人は、常に自分の間違いにより、FX取引で損失を出すことと隣り合わせである。このことを知らないFX初心者は、FX取引で100パーセント勝つ方法があるはずだと思い、読む必要がないFX書籍を買いあさったり、買う必要がない情報商材を買ったり、買う必要ないFX高額ツールを購入したりして、自分の大切なお金をどぶに捨てている。しかも、FX初心者の多くは、FX系の情報商材購入やFXツール購入で100万円以上どぶにス捨てているのに、FX取引でも100万円の損失をだしてしまい、にっちもさっちもいかなくなっている。そして、FX初心者の多くは、FX取引で大きな損失を出した後に、俺がFX取引で利益を出すことなんて無理だったんだというあきらめの心境に至っている。今回は、FX取引で間違うことはある。をテーマにして記事を書いていきます。

FX取引で間違うことはある。と思っておくメリット。

1.自分の考えとは逆の視点で為替相場を見ることができる。

FX取引で間違うことはないと思っている人は、自分の考えどおりに為替相場が動くことがなだろうと思い込んでいますが、FX取引で間違うことがあると思っている人は、自分の考えとは逆の視点で為替相場を見ることができるので、自分の予想では考えられない値動きをするという為替相場でも利益をだせています。この現実があることに気づくのは、ある程度FX取引で損失をだして、自分の考えどおりに為替相場が動いてくれないということに気づいてからである。

2.FX取引で間違うこともあることが前提で、通貨ペアのポジションを取る。

FX取引で間違うことがないことがないと思っている人は、FX取引で99パーセントの確率で利益が出せる前提にしたロットでの通貨ペア取引を行うため、通貨ペア取引が上手くいかなければ、莫大な損失をだすことになりますし、通貨ペア取引が上手くいければ、今まで体験したことがない最高益を出すことができます。それに対して、FX取引で間違うことがあるとわかっている人は、FX取引で99パーセントの確率で損失がでることを前提にしたロットで通貨ペア取引を行うため、通貨ペア取引が上手くいかなければ、損失額が小さめになりますし、通貨ペア取引が上手くいっても利益額が微々たるものとなります。

3. FX取引で間違えることがあるから、FX取引をする回数を減らすことも大事だということに気づける。

FX取引で間違えることがないと認識していない人は、FX取引回数を増やしただけで自分の手元に残るお金も増えると勘違いし、自分が起きている時間ずっとFX取引をしてしまいます。その結果、たった一回の大きいロットでの通貨ペア取引のしくじりで、自分のFX口座残高の3割~4割のお金が失われます。

FX取引で間違えることがあると認識している人は、FX取引回数を増やすと自分の手元にお金が減るということもあると認識しているため、損失を出す確率が低いときにのみFX取引をしています。その結果、FX取引でめったに損失を出さなくなり、自分のFX口座残高が4割ほど増えることになります。

4.様子見をして、実際にFX取引をしなくなる。

FX取引で、俺が間違えることなんて100パーセントの確率でないに決まっていると思っている人は、これから通貨ペアレートがどう動くか?まったく予測がつかないところであろうが、FX取引を行い、FX取引でFX口座残高の7割ほどのお金を失うことになります。それ比べて、FX取引で俺が間違えることは普通にあると認識している人は、通貨ペアの値動きが検討もつかないところでは、通貨ペアのポジションを取らずに、様子見をして、FX取引をしない選択をしているため、FX取引で損失を出さずにすんでいる。これらのことからわかることは、FX取引で損失をだしたくなければ、様子見をすることを覚えよう。

5.FX取引で間違えた選択をしても、ポジティブになれる。

FX取引で間違うことがあることを自然に受け入れられる人は、FX取引で間違える選択をしたら、このFX取引での間違えた経験を次のFXトレードに生かすようにするぞと思うことができるので、FX取引で間違った選択をしても極度に落ち込むことはありません。逆に、FX取引で間違うことがないと思い込んでいる人は、FX取引で間違える選択をしたことが受け入れられず、FX取引をしたこと自体が大きな間違いだったと極度に落ち込み、最終的にFX取引をやめてしまいます。これら二つのことからわかることは、FX取引で間違うこともあると思っておけば、FX取引で損失を出したときの精神的ダメージを小さめにすることができる。
スポンサーリンク



6.FX取引では、間違えることがあるから、リスクが低い通貨ペアの取引をしようと思うようになる。

FX取引では、間違えることがないと思っている人は、利益を重視するあまり、損失を出すリスクが高い通貨ペア取引を行います。その結果、損失を出すリスクが高い通貨ペア取引で、250PIPS以上の損失をだしてしまい、自分のFX口座残高が半減してしまいます。

FX取引で間違えることがあると思っている人は、利益よりも、損失を小さくすることが最重要事項だと思うことで、常に損失が出すリスクが低い通貨ペア取引をします。その後、損失を出すリスクが低い通貨ペア取引で300PIPS以上の利益を出すことができ、自分のFX口座残高の20パーセント分のお金を手にすることができます。

7.FX取引で間違いが続いたら、FX取引を休むことができる。

FX取引で間違いが続いて、FX取引をすればするだけ損失が出る状態に陥ったときに、FXで間違うことはある人は、FX取引を休み、FX取引で損失がでないようにします。逆に、FX取引間違いがつづいて、FX取引をすればするだけ損失が出る状態に陥ったときに、FXで間違うことなんてないんだと思っている人は、FX取引を続行し、FX取引での損失額を増加させます。これらのことから出た答えは、FX取引で間違いがつづいたら、FX取引を停止しよう。