FXに半年打ち込んで辞めた理由について。

FX取引は半年ぐらいやったくらいでは、どのタイミングでぽじったら、FX取引で50PIPS抜きをすることができるのか?だったり、どのタイミングでぽじったら、FX取引で50PIPS抜きをすることができるのか?だったりもわからないので、FX暦半年でやめてしまうのは非常にもったいないです。また、半年FX取引をやって、FX取引で利益が出たけど精神的につかれたという人は、FX取引を一時的にやめて、他のことをやる選択をするのはありです。

FX取引を一年ほどやると、為替相場が1年でどれくらい変動するかわかってきたり、為替相場で300PIPS以上動くところがなんとなくわかってきたり、今日は為替相場が変動しないだろうというのがなんとなくわかってきたり、トレードルールを守れるようになってきたり、危険察知能力を為替相場で披露できるようになってくるので、FX取引を半年でやめずに、FX取引を1年以上やるようにしましょう。また、FX取引を1年以上やっている人の多くは、為替相場で何をやれば退場しないのかがわかってきます。今回は、FXに半年打ち込んで辞めた理由について。をテーマに記事を書いていきます。

FXに半年打ち込んで辞めた理由10選。

FXに半年打ち込んで辞めた理由は、FX取引に対する熱意を失ってしまった。&FX取引で3億円稼いでしまった。&FX取引で大きな損失を出したくない。&FX取引に夢中になりすぎて、本業がおろそかになってしまった。&FXに投資できる資金がなくなってしまった。&自分のプライベートを大切にしたい。&FX取引によるストレスで精神が崩壊しそう。&絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出した。&ポジポジ病を発症してしまった。&お金をFX取引で失いたくないという気持ちが強くなってしまった。&本業でメンタルが病んでしまったなどがあります。

1.FX取引に対する熱意を失ってしまった。

FX取引に対する熱意を失ってしまうと、半年打ち込んだFX取引もさくっとやめてしまい、FX取引以外のことに目を向けるようになります。こうなってしまうと、FX取引での収益を得るもできなくなるし、FXトレーダーとしてありとあらゆる相場を経験することもできなくなるし、FX取引に関する知識もなくなっていきます。

2.FX取引で3億円稼いでしまった。

半年でFX取引で3億円稼いでしまい、FX取引をする意義を見失ってしまった人は、FX取引をすることをやめてしまい、FX取引とは無縁の生活をおくることになります。こうなってしまうと、FX取引をするという刺激を忘れてしまい、いつしかFX取引ってなんだったけという状況になります。

3.FX取引で大きな損失を出したくない。

FX取引で大きな出したくない気持ちが強くなると、FX取引で大損ぶっこく前にFX取引をやめようと思い、半年続けたFX取引をやめちゃいます。こういう人の多くは、FX取引に再度再会することもなく、金輪際FX取引をやらなくなっちゃいますね。

4.FX取引に夢中になりすぎて、本業がおろそかになってしまった。

FX取引に夢中になりすぎた結果、本業の仕事がめちゃくちゃおろそかになってしまったから、FX取引なんてやめてしまったという人も一定するいます。こういう人に当てはまらないようにするには、一週間に一回だけFX取引をしたり、一ヶ月に一回FX取引をするようにしたりして、FX取引をする回数を劇的にへらそう。

5.FXに投資できる資金がなくなってしまった。

FXに投資できる資金がなくなってしまった人は、強制的にFX取引をすることができなくなります。これに関しての対処は、100万程度の資金を用意して、自分の身の丈にあったレバレッジでFX取引をしていくしかありません。

6.自分のプライベートを大切にしたい。

自分のプライベートを大切にしたいと思うと、自分のプライベートを犠牲にしてまでFX取引をする必要がないという結論に至り、長年がんばってきたFX取引をやめてしまいます。これも人生の選択として間違っていないし、FX取引を続行するのも人生としては間違っていない。
スポンサーリンク



7.FX取引によるストレスで精神が崩壊しそう。

FX取引によるストレスで精神が崩壊しそうと感じた人は、自分のメンタルを犠牲にしてまでFX取引をしてまでFX取引をする必要がないという結論に達して、半年間打ち込んだFX取引をやめます。

8.絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出した。

絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出すことができないと、FX取引でお金を得るなんて無理だから、半年間がんばったFX取引をやめようという結論を出す人もいる。

9.ポジポジ病を発症してしまった。

FX取引中にポジポジ病を発症してしまい、FX取引で利益を出す方法がわからなくなってくると、半年本気で打ち込んだFX取引で毎月10万円稼ぐことは無理だからFX取引をやめようという風に考えてしまうことがあります。

10.お金をFX取引で失いたくないという気持ちが強くなってしまった。

お金をFX取引で失いたくないという気持ちがつよくなってしまい、半年間打ち込んだFX取引をやめる選択をしてしまう人は相当数います。こうならないようにするには、お金をFX取引で失うことがあることが当たり前だと思うようにしましょう。

11.本業でメンタルが病んでしまった

本業でメンタルが病んでしまったりすると、精神的に負荷がかかるFX取引なんてやってられるか状態になり、半年打ち込んだFXを辞めてしまう人もいますね。まあ、FXをがんばるよりも、メンタルを回復させることのほうがだいじですから。

最後に、

FXに半年打ち込んで辞めた理由をテーマにして記事を書かせていただきました。