ユーロ円スキャルピング取引をするときに守っておきたいこと。

ユーロ円のスキャルピング取引は、たった5分間で10PIPSの利益を得ることができることから、短時間でお金を稼ぎたいFXトレーダーは、ユーロ円スキャルピングをしている。このユーロ円スキャルピング取引は、短期間でさくっとお金を稼げるというメリットがあるうらに、短期間でお金を失うリスクが存在しているので、損切りを行うスキルを身につけたFXトレーダーにしかユーロ円スキャルピング取引をすることをおすすめしない。また、ユーロ円のスキャルピング取引で利益を出し続けるには、低レバレッジでのユーロ円取引をすることと、損切りをすることから逃げないことと、利益確定をすることから逃げないことの3つを実行すればよいだけです。今回は、ユーロ円スキャルピングをするときにをするときに守っておきたいこと。をテーマにして記事を書いていきます。

ユーロ円スキャルピング取引をするときに守っておきたいこと。

ユーロ円スキャルピング取引をするときに守っておきたいことは、レンジ相場が継続している時しか逆張りトレードをしない。&トレンドが発生したらトレンドについていく。&常に広いレンジ幅でスキャルピング取引をすること。&ユーロ相場環境に応じて、臨機応変に対応すること&レバレッジを1倍~10倍程度にすること。&比較的に大きな損失を出す前に、自分のユーロ円ポジションを損切りすること&ユーロ円取引が怖いなと思ったら、ユーロ円取引をしないこと。&ユーロ円スキャルピング取引で利益を出すことが簡単だと思わないこと。&安全な日のみユーロ円取引をすること。&EU圏のニュースをチェックしておくこと。

1.レンジ相場が継続している時しか、逆張りトレードをしない。

ユーロ円相場でレンジ相場が継続しているときには、何度もユーロ円で逆張りトレードをするべきですが、ユーロ円相場でレンジ相場が終焉したのであれば、ユーロ円で逆張りトレードをするべきではない。このFXトレードルールを守って、ユーロ円の逆張りトレードをすれば、ユーロ円トレードでお金を簡単に手にすることができる。

2.トレンドが発生したらトレンドについていく。

ユーロ円相場で買いトレンドがでたら、ユーロ円ロングにポジションをとるようにして、ユーロ円相場で売りトレンドがでたら、ユーロ円ショートのポジションをとる。これをじっこうするだけで、ユーロ円スキャルピングで利益を出すことができちゃいます。

3.常に広いユーロ円レンジ幅でユーロ円スキャルピング取引をすること。

常に広いユーロ円レンジ幅を想定して、ユーロ円スキャルピング取引をすることで、一度のスキャルピング取引で30PIPS~50PIPSの利益を獲得することができます。それ以外にも、ユーロ円スキャルピング取引の値幅を大きめに考えておくことで、ユーロ円スキャルピング取引時の損切りが早くなる。

4.比較的に大きな損失を出す前に、自分のユーロ円ポジションを損切りすること。

ユーロ円取引で比較的に大きな損失を出す前に、自分のユーロ円ポジションを損切りするようにすることで、ユーロ円取引損失を最小限にすることができます。これさえできれば、どんなユーロ円相場でも生存することが可能です。

5.レバレッジを1倍~10倍程度にすること。

レバレッジ1倍~10倍程度のユーロ円取引をすれば、ほとんどのユーロ円取引で利益をゲットすることができます。それに対して、レバレッジ888倍程度でユーロ円取引をすると、2割のユーロ円取引で利益をだすことができ、8割のユーロ円取引でゼロカットをくらいます。これら二つのことから出た答えは、レバレッジ1倍~10倍程度でFX取引をすることこそがユーロ円取引で利益を出し続けるコツ。

6.ユーロ相場環境に応じて、臨機応変に対応すること。

10PIPSの値幅しかとれないユーロ円相場環境であれば、利益確定幅を10PIPS、損切り確定幅を5PIPSにすること、20PIPS~50PIPSの値幅しかとれないユーロ円相場環境であれば、利益確定幅45PIPS、損切り確定幅を10PIPにすること、50PIP~100PIPSの値幅しか取れないユーロ円相場環境であれば、損切り確定幅を20PIPSにすること、100PIPS~500PIPSの値幅が期待できるユーロ円相場であれば、利益確定幅を400PIPS、損切り確定幅を200PIPSに設定すること。このことを守って、ユーロ円取引をすれば、ユーロ円取引でさくっと利益をだすことができます。

7.ユーロ円取引が怖いなと思ったら、ユーロ円取引をしないこと。
ユーロ円取引が怖いなと思ったときにユーロ円取引をすると、ユーロ円取引が200PIPS超の損失をだすことがあります。逆に、ユーロ円取引があまり怖くないなと思っているときにユーロ円取引をすると、ユーロ円取引でさくっと200PIPSクラスの利益を出すことができます。

8.ユーロ円スキャルピング取引で利益を出すことが簡単だと思わないこと。

ユーロ円スキャルピング取引で利益を出すことが簡単だと思うと、直感でユーロ円取引を行うようになりますし、ユーロ円取引で損失を出す回数が増えます。それに対して、ユーロ円スキャルピング取引で利益を出すことが難しいとおもうと、慎重にユーロ円取引を行うようになると、ユーロ円取引で損失を出す回数が減ります。この二つことからわかることは、ユーロ円スキャルピング取引で利益を出すことが簡単だと思わないことは為替相場で生き残る上で重要なこと。

9.安全な日のみユーロ円取引をすること。

1円のレンジ内で動く安全な日のみユーロ円取引をすれば、ユーロ円取引での損失額を小さめに抑えることができます。また、ユーロ円取引での損失額が小さくなれば、ユーロ円取引利益額も小さくなります。

10.EU圏のニュースをチェックしておくこと

EU圏のニュースをチェックしておくことを習慣化することで、ユーロ円の大まかなトレンド方向がわかるようになります。また、EU圏のニュースをチェックしていないと、ユーロ円圏のニュースの大まかなトレンド方向がわかりません。

スポンサーリンク



さいごに、
ユーロ円スキャルピング取引をするときに守っておきたいことについて書かせていただきました。