ユーロ円の利益獲得と損切りPIPS.

ユーロ円のスキャルピング取引での利益確定PIPSは、3PIPS~20PIPSほどにしておき、損切り確定PIPSは3PIPS~5PIPSほどにしておくのが良いし、ユーロ円のデイトレード取引での利益確定PIPSは20PIPS~100PIPSほどにしておき、損切り確定PIPSは20PIPS~30PIPSほどに設定し、ユーロ円のスイングトレードの利益確定PIPSは500PIPS~1500PIPSにしておき、損切り確定PIPSは50PIPS~150PIPSにしておくのが良い。これらのユーロ円取引のルールを守って、ユーロ円取引をすれば、ユーロ円取引で250万円規模の利益を得ることができる。

ユーロ円のスキャルピング取引での利益確定PIPSと損切りPIPS

ユーロ円円は、短期間で10PIPS~20PIPSほど動く通貨ペアなので、ユーロ円のスキャルピング取引の利益確定PIPSも大きめに設定しておいたほうが、ユーロ円のスキャルピング取引の利益を大きくすることができる。また、ユーロ円のスキャルピング取引時で損切りをしぶっていると、ユーロ円ポジションの含み損が400PIPSになってしまうことがあるので、ユーロ円のすきゃる損切り確定PIPS〔3PIPS~5PIPSのルール〕を守りましょう。

ユーロ円デイトレード取引での利益確定PIPSと損切りPIPS

ユーロ円は、一日で200PIPS~400PIPS動く通貨ペアなので、ユーロ円のデイトレードの利益確定PIPSを100PIPS~350PIPSに設定してほいたほが、ユーロ円のデイトレードで大きな利益をゲットすることができる。また、ユーロ円のデイトレード取引での損切りがおくれると、ユーロ円のポジションの含み損が500PIPSになることもあるので、ユーロ円デイトレードの損切り確定PIPS〔20PIPS~30PIPS〕のルールを守りましょう。

スポンサーリンク


ユーロ円スイングトレードでの利益確定PIPSと損切りPIPS

ユーロ円は、半年で20円動くこともある通貨ペアなので、ユーロ円のスイングトレードの利益確定PIPSは500PIPS~1500PIPSに設定しておいたほうが、ユーロ円のスイングトレードでの利益を大幅に増加させることができます。また、ユーロ円のスイングトレードでの損切りが遅れると、ユーロ円ポジションの含み損が1000PIPSになることもあるので、ユーロ円スイングトレードの損切り確定PIPS〔100PIPS~200PIPS〕のルールを守りましょう。

最後に、
ユーロ円の利益獲得PIPSと損切りPIPSについて書かせていただきました。