ユーロ円暴落。

ユーロ円レートが暴落するパターンは、ユーロ円の利下げが発表されてユーロ円が5円下落する。&イタリア経済が悪化して、ユーロ円が7円下落する&EU経済全体が悪化することで、ユーロ円で大きな下げトレンドが発生する&ヘッジファンドの仕掛けでユーロ円が7円下落する&フランス経済が悪化して、ユーロ円が5円下落する&EU圏内の国が財政破綻すると、ユーロ円が短期間で20円下落するなどがあります。

ユーロ円の利下げが発表されて、ユーロ円が5円下落する。

ユーロ円の利下げが発表されると、ユーロ円レートは300PIPSの下落では下げ止まらず、ユーロ円レートは500PIPSほど下落しています。このユーロ円利下げ発表時の値動きが頭に入っていれば、ユーロ円利下げ発表時の順張りトレードでも逆張りトレードでも利益をさくっとだすことができます。

イタリア経済が悪化して、ユーロ円が7円下落する。

イタリア経済が悪化すると、ユーロ円が7円ほど下落していく傾向があるので、イタリア経済に悪い材料しかなければ、ユーロ円ショートのポジションを持とう。

EU経済全体が悪化することで、ユーロ円で大きな下げトレンドが発生する。

EU経済全体が悪化すると、ユーロ円で大きな下げトレンドが発生して、ユーロ円レートが15円ほど下落していきますから、EU経済が悪いなとおもったら、ユーロ円売りのポジションをもつようしましょう。

ヘッジファンドの仕掛けでユーロ円が7円下落する。

2019年の1月は、ヘッジファンドの仕掛けでユーロ円が7円下落していくことが起きていますから、年末年始はヘッジファンドの仕掛けを期待してユーロ円売りのポジションを持つようにしましょう。

フランス経済が悪化して、ユーロ円が5円下落する。

フランス経済状態が悪化すると、ユーロ円がさくっと5円下落していく傾向があるので、フランス経済に悪い材料しかなければ、ユーロ円ショートのポジションを持とう。

スポンサーリンク


EU圏内の国が財政破綻すると、ユーロ円が短期間で20円下落。

EU圏内の国が財政破綻すると、ユーロ円が短期間で20円下落していき、長期間でユーロ円が50円げらくしていきますから、EU圏内の国が財政破綻する気配があったら、ユーロ円売りのポジションをもとう。

さいごに、

ユーロ円は、突然大暴落することがある通貨ペアです。