DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんについて。


DJ Y2 a.k.a.山本裕典とは、花ざかりの君たちへや、仮面ライダーカブトに出演していた超イケメン俳優の山本裕典さんのDJ名義である。この方のDJプレイを見て感じたのは、DJというのは顔の良さと集客力がすべてであり、その他の要素はそんなに重要ではないと感じてしまったし、顔が悪くて女性から人気がない男で、集客力がない人は、DJやる必要なんてないんじゃないかなと思ってしまった。やはりね、山本裕典クラスのイケメンというのは、そこにいるだけで花があるし、そこにいるだけでその場が盛り上がる存在だなと感じたし、山本裕典はDJをやるためにこの世にうまれてきたようなもの。今回は、DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんについて。をテーマにして記事を書いていきます。

DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんに対するDISは正しくない。

1.偉そうなことをいうDJはたいしたことない。

DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんのような芸能人DJは、DJをやるんじゃないということをいう偉そうなDJもいる。こういうDJは、偉そうなことだけいって、その場のお客さんの好きな曲をかけずに、自分が好きな曲しかかけないというとんでも行為しかできないし、たいしてクラブの雰囲気も盛り上げることもできないし、クラブに集客することもできてない。

2.山本裕典さんはクラブシーンに必要。

DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんの芸能人DJを見に来ているお客さんは、山本裕典さんがかける曲であれば全部好きになれるし、山本裕典さんの顔が見れればDJがうまいとかどうでもいいと思っている。この事実がある以上、DJ Y2 a.k.a.山本裕典といった芸能人DJは、日本のクラブシーンに必要不可欠な存在であるのはいうまでもないだろう。

3.山本裕典のように、DJは、顔がよければOK。

お客さんも、顔がかっこいいDJ、顔がかわいいDJであれば、DJを見に行きたいと思うから、DJは顔がよければOK.逆に、お客さんも、顔が悪いDJ、顔がかわいくないDJのプレイを見たいと思わないから、DJが顔が悪いのはNG.

4.芸能人DJが好きになれる。

芸能人DJのプレイを見に行って、芸能人DJのプレイがうまければ、その芸能人DJが好きになれるし、芸能人DJのプレイが下手であれば、その芸能人DJが嫌いになる。このようなことを動機にして、芸能人DJのクラブイベントに遊びに行こう。
スポンサーリンク



5.俺が山本裕典さんのことが好きだから。

DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんのことが仮面ライダーカブト時代から好きな俺からしたら、山本裕典にはDJでも大きな成功を収めてほしいし、芸能界でも大きな成功を収めてほしいと思っているから、俺は全力でDJ Y2 a.k.a.山本裕典さんのことを応援している。

最後に、
DJ Y2 a.k.a.山本裕典さんについて。をテーマにして記事を書かせていただきます。