芦名佑介〔芦名勇舗〕の月収/年収・beatsジム・改名について。

芦名佑介さん〔芦名勇舗〕は、プルデンシャルの保険の営業で年収2億円を稼ぐスーパーサラリーマンという座を捨てて、アメリカのハリウッド俳優になる道を選択します。その後、芦名佑介さん〔芦名勇舗〕はアメリカのハリウッド俳優になることを一時的に停止して、日本国内で、パーソナルトレーニングジムのbeatsを運営する会社を設立し、東京に多くのパーソナルトレーニングジムbeatsを作ることに成功。2019年現在の芦名佑介さん〔芦名勇舗〕は、日本を代表するビジネスマンとして注目されています。今回は、芦名佑介〔芦名勇舗〕の月収/年収・beatsジム・改名について。をテーマにして記事を書いていきます。

芦名佑介〔芦名勇舗〕の月収/年収。

1.プルデンシャル時代の月収/年収

芦名佑介〔芦名勇舗〕は、プルデンシャルの生命保険の営業マン時代は、プルデンシャルでNO1の保険の契約を勝ち取ることで、月収2000万円、年収換算で2億4000万円の所得を手にすることができ、手取りで1億2000万円ものお金を得ていました。こんなにも凄い金を稼げるなら、プルデンシャルの営業マンを一生していたほうがいいだろうと多くの人はおもいますが、芦名佑介〔芦名勇舗〕は、ハリウッド俳優に俺はなるぞ。と発言して、プルデンシャルの営業マンの仕事をやめてしまいました。

2.ハリウッド俳優を目指す&海外留学時代。

.ハリウッド俳優を目指す&海外留学時代の芦名佑介〔芦名勇舗〕の月収や年収は0円でしたが、芦名佑介〔芦名勇舗〕氏は日本に帰国していたときに、営業の講演を頻繁にやっていたので、営業の講演の年収が1000万円程度はあったのではないかと思われます。ちなみに、芦名佑介〔芦名勇舗〕氏の営業の講演の参加費は5000円ほどとなっていました。

3.株式会社beats時代の月収/年収。

芦名佑介〔芦名勇舗〕の開設したパーソナルトレーニングジムbeatsは、質が高いパーソナルトレーニングをたった3万円で受けることができる素晴らしいジムということもあり、ライザップのパーソナルトレーニングの料金が高すぎると感じている人が、パーソナルトレーニングジムbeatsに通っているみたいです。この芦名佑介〔芦名勇舗〕の開設したパーソナルトレーニングジムbeatsは、東京で何店舗もできていることから、芦名佑介〔芦名勇舗〕はジム経営で月収300万円、年収3600万円程度を得ていると推測されます。
スポンサーリンク


芦名佑介〔芦名勇舗〕のbeatsジムが凄い。

芦名佑介〔芦名勇舗〕は、パーソナルトレーニングに月20万円、30万円も支払う日本の風潮のままでは、日本人がトレーニングをする文化が日本に根付かないのだから、俺が月額3万円のパーソナルトレーニングジムを作って、日本人がトレーニングをする文化を根付かせてやるという思いで、beatsというパーソナルトレーニングジムをつくったそうです。このbeatsというパーソナルトレーニングジムのパーソナルトレーナーさんは、普段からガッツリと、トレーニングをしているトレーニング知識が豊富な人ばかりなので、パーソナルトレーニングの質にこだわるなら、芦名佑介〔芦名勇舗〕のbeatsジムに通うしかないでしょうね。しかも、芦名佑介〔芦名勇舗〕のbeatsジムは、完全予約制のパーソナルトレーニングジムで、どれだけ、パーソナルナルトレーニングの指導をうけても月額30000円です。そして、芦名佑介〔芦名勇舗〕はbeatsジムでは指導ていないみたいです。

芦名佑介〔芦名勇舗〕の改名。

プルデンシャル時代、ハリウッド時代の芦名氏は、芦名佑介の本名で活動していましたが、beatsジム代表取締役時代は、芦名佑介から芦名勇舗に改名して活動しているみたいです。