iforex〔アイフォレックス〕の最低入金額は1万円。

iforex〔アイフォレックス〕の最低入金額は1万円となっているので、全財産3000円の人や全財産5000円の人や全財産8000円の人は,iforex口座でFX取引をすることができません。だったらどうすればいいのか?、全財産3000円~8000円のうちは、iforex〔アイフォレックス〕口座でのFX取引をせずに、3000円~8000円の入金をうけつけているXM口座でFX取引をするようにすればよいだけなのです。ちなみに、XM口座を開設すると、実際のFX取引に使えるXM口座開設ボーナス3000円が手に入ります。

公式サイト
XM

iforex〔アイフォレックス〕の最低入金額は1万円に設定されている理由。

あまりにも小額資金でのハイレバトレードをしたところで、微々たる利益しか得ることができず、時間の無駄であるという事実があるため、iforex運営はiforexの最低入金額を10000円に設定していると思われます。また、iforexさんは、入金額と同額のトレーディングチケットプレゼントキャンペーン時に、より多くのトレーディングチケットをFXトレーダーに受け取ってほしいという思いから、iforexの最低入金額を1万円にしているのかもしれません。

時代はXM口座。

賢い一部FXトレーダーは、XM口座開設時に無料で受け取ったXM口座開設ボーナス3000円を元手に、FX取引をすることで、自分のお金を一切減らすことなく、お金を得ることに成功しています。こういう事実をしってしまった人は、最初はXM口座開設ボーナス3000円を使い、XM口座でのFX取引を体験した後に、iforex口座でのFX取引をするようにしています。

1.XMは、取引量ボーナスがもらえるといううれしいサービスがある。

iforexさんは取引量に応じたボーナスを付与するサービスがありませんが、なんとXMには、取引量に応じたボーナスを付与するというサービスがあるので、取引量ボーナスがほしい人は、iforexではなく、XM口座を使うしかない。

2.XMは、100パーセント入金ボーナスがもらえる

iforexさんには、100パーセント入金ボーナスというサービスがないけど、なぜかXMには、最大500ドルまでの入金ボーナスがもらえるサービスがあるので、100パーセント入金ボーナスがほしい人は、XM口座を使うべし。


公式サイト
XM

FXに半年打ち込んで辞めた理由について。

FX取引は半年ぐらいやったくらいでは、どのタイミングでぽじったら、FX取引で50PIPS抜きをすることができるのか?だったり、どのタイミングでぽじったら、FX取引で50PIPS抜きをすることができるのか?だったりもわからないので、FX暦半年でやめてしまうのは非常にもったいないです。また、半年FX取引をやって、FX取引で利益が出たけど精神的につかれたという人は、FX取引を一時的にやめて、他のことをやる選択をするのはありです。

FX取引を一年ほどやると、為替相場が1年でどれくらい変動するかわかってきたり、為替相場で300PIPS以上動くところがなんとなくわかってきたり、今日は為替相場が変動しないだろうというのがなんとなくわかってきたり、トレードルールを守れるようになってきたり、危険察知能力を為替相場で披露できるようになってくるので、FX取引を半年でやめずに、FX取引を1年以上やるようにしましょう。また、FX取引を1年以上やっている人の多くは、為替相場で何をやれば退場しないのかがわかってきます。今回は、FXに半年打ち込んで辞めた理由について。をテーマに記事を書いていきます。

FXに半年打ち込んで辞めた理由10選。

FXに半年打ち込んで辞めた理由は、FX取引に対する熱意を失ってしまった。&FX取引で3億円稼いでしまった。&FX取引で大きな損失を出したくない。&FX取引に夢中になりすぎて、本業がおろそかになってしまった。&FXに投資できる資金がなくなってしまった。&自分のプライベートを大切にしたい。&FX取引によるストレスで精神が崩壊しそう。&絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出した。&ポジポジ病を発症してしまった。&お金をFX取引で失いたくないという気持ちが強くなってしまった。&本業でメンタルが病んでしまったなどがあります。

1.FX取引に対する熱意を失ってしまった。

FX取引に対する熱意を失ってしまうと、半年打ち込んだFX取引もさくっとやめてしまい、FX取引以外のことに目を向けるようになります。こうなってしまうと、FX取引での収益を得るもできなくなるし、FXトレーダーとしてありとあらゆる相場を経験することもできなくなるし、FX取引に関する知識もなくなっていきます。

2.FX取引で3億円稼いでしまった。

半年でFX取引で3億円稼いでしまい、FX取引をする意義を見失ってしまった人は、FX取引をすることをやめてしまい、FX取引とは無縁の生活をおくることになります。こうなってしまうと、FX取引をするという刺激を忘れてしまい、いつしかFX取引ってなんだったけという状況になります。

3.FX取引で大きな損失を出したくない。

FX取引で大きな出したくない気持ちが強くなると、FX取引で大損ぶっこく前にFX取引をやめようと思い、半年続けたFX取引をやめちゃいます。こういう人の多くは、FX取引に再度再会することもなく、金輪際FX取引をやらなくなっちゃいますね。

4.FX取引に夢中になりすぎて、本業がおろそかになってしまった。

FX取引に夢中になりすぎた結果、本業の仕事がめちゃくちゃおろそかになってしまったから、FX取引なんてやめてしまったという人も一定するいます。こういう人に当てはまらないようにするには、一週間に一回だけFX取引をしたり、一ヶ月に一回FX取引をするようにしたりして、FX取引をする回数を劇的にへらそう。

5.FXに投資できる資金がなくなってしまった。

FXに投資できる資金がなくなってしまった人は、強制的にFX取引をすることができなくなります。これに関しての対処は、100万程度の資金を用意して、自分の身の丈にあったレバレッジでFX取引をしていくしかありません。

6.自分のプライベートを大切にしたい。

自分のプライベートを大切にしたいと思うと、自分のプライベートを犠牲にしてまでFX取引をする必要がないという結論に至り、長年がんばってきたFX取引をやめてしまいます。これも人生の選択として間違っていないし、FX取引を続行するのも人生としては間違っていない。
スポンサーリンク



7.FX取引によるストレスで精神が崩壊しそう。

FX取引によるストレスで精神が崩壊しそうと感じた人は、自分のメンタルを犠牲にしてまでFX取引をしてまでFX取引をする必要がないという結論に達して、半年間打ち込んだFX取引をやめます。

8.絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出した。

絶対に勝てるというFX取引手法を使ったのに、FX取引で大損失を出すことができないと、FX取引でお金を得るなんて無理だから、半年間がんばったFX取引をやめようという結論を出す人もいる。

9.ポジポジ病を発症してしまった。

FX取引中にポジポジ病を発症してしまい、FX取引で利益を出す方法がわからなくなってくると、半年本気で打ち込んだFX取引で毎月10万円稼ぐことは無理だからFX取引をやめようという風に考えてしまうことがあります。

10.お金をFX取引で失いたくないという気持ちが強くなってしまった。

お金をFX取引で失いたくないという気持ちがつよくなってしまい、半年間打ち込んだFX取引をやめる選択をしてしまう人は相当数います。こうならないようにするには、お金をFX取引で失うことがあることが当たり前だと思うようにしましょう。

11.本業でメンタルが病んでしまった

本業でメンタルが病んでしまったりすると、精神的に負荷がかかるFX取引なんてやってられるか状態になり、半年打ち込んだFXを辞めてしまう人もいますね。まあ、FXをがんばるよりも、メンタルを回復させることのほうがだいじですから。

最後に、

FXに半年打ち込んで辞めた理由をテーマにして記事を書かせていただきました。

トラック運転手は底辺職なのか?

20代のうちだと、人生一度も挫折していないせいか、外資系企業で年収3000万円稼ぐだとか、日本の大企業で年収1000万円稼ぐといった希望を抱いていて、トラック運転手の正社員の仕事で年収500万円稼いでやるんだとかいった選択を取ることがありません。そんなトラック運転手は底辺職でアウトオブ眼中だと思っていた20代が終わり、30代にさしかかると、それなりの給料を得られて、年間休日110日もあるトラック運転手最高にホワイトな仕事じゃないかという考えになります。40代になると、トラック運転手か警備員の仕事の二択を迫られることになり、自分の貯蓄額を大幅に増加させたかったり、家族を守りたい人がお金をより多く稼ぐことができるトラック運転手の仕事につき、立っているだけでお金がほしい人が警備員の仕事につきます。今回は、トラック運転手は底辺職なのか?をテーマにして記事を書いていきます。

トラック運転手は底辺職ではないと断言できる理由。

1.トラック運転手は月収50万円稼げるから。

月収10万円しか稼ぐことができないアルバイトのほうがトラック運転手より底辺だし、月収18万円しか稼げない正社員のほうがトラック運転手より底辺だ。その理由は、大型トラック運転手にもなれば、稼ぐ人で月収50万円ほど、まあまあ稼ぐ人で月収40万円ほどで、あまり稼げていない人で月収30万円ほど稼げているからです。

2.トラック運転手はトラックの運転が好きだから

ほとんどトラック運転手は、トラックの運転をすることがだ大好きでたまらないからトラック運転手の仕事についており、トラック運転手本人はべつにトラック運転手を底辺職だとおもっていません。それなのに、周りの人が自分の優位性を高めるために、トラック運転手は底辺だとかいうから、世間にトラック運転手は底辺だというレッテルがはられてしまった。

3.人はやりたくないことを底辺職とする傾向がある。

人はやりたくないことを底辺職と扱い、人はやりたいことを最高の仕事だとしています。この前提を元にすると、トラック運転手をやりたくないという人は、トラック運転手を底辺職と扱うし、トラック運転手がやりたいとすると、トラック運転手は天職ですと扱っています。これらのことからわかることは、仕事が底辺かどうかよりも、仕事が自分のやりたいことなのかが重要である。

4.トラック運転手は、解雇されることがない。

わりと人生勝ち組だといわれている外資系のビジネスマンは、少しでも仕事のパフォーマンスが悪いだけで会社を解雇されてしまうので、あっというまに社会の勝ち組から、社会の負け組に転落します。逆に、人生の負け組だといわれているトラック運転手は、少し仕事のパフォーマンスが悪くても、会社からクビ宣告をされることがないので、トラック運転手から無職という社会の底辺に転落することはありません。

5.正社員雇用されている以上底辺ではない。

どんな仕事でも正社員雇用をされている以上底辺ではないし、どんなにかっこいい仕事でも非正規雇用で給料が安ければ底辺なんだ。この前提から判断するに、月収40万円稼いでいるトラック運転手の正社員をしているうちは、社会の底辺でもないんだよね。これらのことがわからずに、トラック運転手は底辺だといっているやつのほうが底辺なので、トラック運転手のことを底辺だと馬鹿にしてくるやつのことを相手にすることはやめましょうね。

6.2トントラック運転手は、精神的ストレスが皆無だから。

2トントラック運転手は、他人に誹謗中傷を計れることもなく、もくもくと荷物を届けるだけの仕事ですので、2トントラック運転手になれば、精神的ストレスを感じることがない環境で仕事をすることができます。それに対して、営業職や接客業は、客にああだこーだ文句を言われて、自分の精神が崩壊しそうになる仕事ですの、営業職に就いたり、接客業につくと、精神的ストレスにより、自分が自分でわからないという地獄の状況に陥ります。これら二つのことからわかることは、精神的なストレスが皆無な仕事である2トントラック運転手は、底辺職でもなんでもない。

7.倒産する確率が高い会社に勤めている人が底辺。

倒産する確率が低い運送会社に勤めているトラック運転手は、何十年も月収25万円~月収60万円を稼ぎ続けられる人生の勝者でしかありません。逆に倒産する確率が高い運送会社に勤めているトラック運転手は、たった数年月収20万円~月収30万円のお金を得ることができない社会の底辺でしかない。これら二つのことからわかることは、社会の底辺かどうかは、自分が勤めている運送会社の倒産確率が高いか低いかどうか。

8.車を運転する仕事=底辺職ではないから。

車を運転するだけの仕事=底辺職と捉える人が日本がいますが、車を長時間運転できることも立派なスキルと捉えれば、トラックという車を長時間運転しているトラック運転手は、立派なスキルを持った人しかできないすばらしい仕事と捉えることができます。このことに気づくと、トラック運転手を底辺だと思う偏見がなくなり、トラック運転手はすばらしい仕事だと思うようになりますね。

9.トラック運転手の仕事をするメリットは結構あるから。

トラック運転手の仕事をするメリット、車の運転を長時間することが平気になることや、多少のきつい労働にも耐えられる忍耐力がつくことや、トラック運転手の仕事にも何年も頑張れた俺はすごいと自分に自信をもつことができることや、トラック運転手の仕事だからこそ手に入る人脈があること。こんなにもメリットがあるトラック運転手の仕事は、どっからどうみても底辺じゃないでしょ。
スポンサーリンク



10.トラック運転手の転職市場での価値は高いから。

トラック運転手を5年以上やっている人の転職市場の価値が高い理由は、多くの会社の人事がトラック運転手なんて大変な仕事を頑張れる人を自社の社員として向かい入れたいとおもっているから。だからね、年収が高い&休みが多い&ボーナスもある会社に入社したいと思っている人はトラック運転手になるべき。

最後に、
トラック運転手は、底辺職なのか?をテーマに記事を書かせていただきました。

ストーカー気質のある男性の特徴7選。

ストーカー気質がある男性の多くは、OOちゃんと俺は絶対と結婚しなけばいけないという断固たる強い意思に抗うことができず、大好きなOOちゃんを待ち伏せしたり、大好きなOOちゃんの家に行ったりするという暴挙にでます。こういうことをしているストーカー気質の人がストーカーでなくなるには、OOちゃんに好かれたところで、俺の人生は何も変わらないという考えをもつようにすればいいだけ。そうはいっても、夢中で女の子をストーカーしていると、なかなか自分がストーカーだってことに気づかないんですけどね。今回は、ストーカー気質のある男性の特徴について。をテーマにして記事を書いていきます。

ストーカー気質のある男性の特徴10選

1.  自分の欲望は叶うに決まっていると思い込んでいる。

ストーカー気質のある男性は、自分の欲望は叶うに決まっていると思い込んでいるため、女性が自分のことを好きだといってくれるまで、女性に対するストーカーをやめることがありません。こういう人にストーカーをやめるきっかけは、警察から直接ストーカー行為をやめるようにと警告されたこととなっていますね。

2.執着心が強い。

ストーカー気質がある男性は、女性に対する執着のみが強く、女性以外に対することの執着が薄いため、大好きな女性に執着してしまう傾向があります。こういう人が女性に執着しないようにするには、人生には、女性よりも大切なものがあるということを理解することしかない。

3.女性嫌悪がない。

ストーカー気質がない男性は、女性に対する嫌悪感がなく、女性に好かれて当たり前だと思っているため、自分が好きだという女性にアタックしつづけてしまいます。こういう人が女性に執着しないようにするには、一度女性に思い切り嫌われて、女性嫌いになるしかない。

4.ストーカー行為をしている自分をストーカーだと思っていない。

ストーカー気質がある男性は、ストーカー行為をしている自分をストカーだと思っておらず、ストーカー行為をしている自分を恋に夢中ないけてる男性くらいにしか思っていない。こういう思考をもっているストーカーは日本に大量発生しているので、日本在住の女性には気をつけてもらいたい。

5.他人が嫌がることをすることに罪悪感をもたない。

ストーカー行為をされる=他人が嫌がることをすることをしているということを認識できている人は、絶対にストーカー行為なんてしないんだよね。逆に、ストーカー行為をする=自分の愛を他人に伝える素晴らしいことだという認識を持っている人は、ストーカー行為をすることをついついしてしまうんだ。これらのことからわかることは、ストーカーは自分のことをストーカーだと認識してない。

6.自分は愛されるべき存在だと心のどこかで思っている。

ストーカーをしている人の多くは、自分は愛されるべき存在であり、他人に愛されないことがあってはならないと思っているため、女性に嫌われてもストーカー行為をやめることができない。こういうストーカーは日本に数え切れないくらいいる。
スポンサーリンク



7.うつ病にかかっている。

ストーカーをしている人の多くは、うつ病を発症して、普段ならしないであろうストーカー行為を行っています。これに当てはまる人がストーカー行為をやめるには、ストーカー行為をしている原因のうつ病を治すしかない。

最後に、

ストーカーにならないようにしよう。

雇ってやっている感を出す社長。

お前のビジネスの成功のために、俺の人生の貴重な時間を社長にプレゼントしているという事実があるのに、どの社長も自分の時間を犠牲にしてくれている社員に対する感謝の気持ちを持っておらず、お前を雇ってやっているという気持ちを持っている。こういうことを知ってしまうと、会社で働くだけ人生の時間の無駄使いだし、会社で働く時間を全部自分のために使ったほうが有意義な人生を送れるという事実に気づいてしまいます。当然、会社で働くことが無駄だと思い始めた人は、会社を辞めて、自分でビジネスを始めるか、ニートになってしまいます。

雇ってやっている感を出す社長。の下では働いてはいけない。

あなたの力が必要だから、俺の会社で働いてくれと言ってくて、それなりの給料を払ってくれる会社の社長の下で働くべきであるし、お前の力はたいしたことない、お前を俺の会社で雇ってやっているといっている会社の社長のしたでは絶対に働いてはいけない。

雇ってやっている感を出す社長にありがちなこと。

雇ってやっている感を出す社長は、自分の会社の社員に、自分をこの世の神であると崇めさせたり、会社の壁に社長の功績が書かれた紙をペタペタ貼ったり、どうどうと従業員雇っている社長が上で雇われている従業員が下だという発言をしたり、自分が雇っている従業員に暴言を吐いたりする。

1.自分の会社の社員に、自分をこの世の神だと崇めさせたりする。

社長だろうが、雇われ社員だろうが、みんな同じ人間でみんな同じ存在なわけです。それなのに、ベンチャーのブラック企業の社長は、自分の会社の社員に、自分をこの世の神だと崇めさせたりしている。

2.会社の壁に社長の功績が書かれた紙をベタベタ貼っている。

社長が自分の功績はこうだと書かれた紙を会社内に貼っているのをみていると、社長が人生が主役で社員は人生のおまけなんだなという感情を僕は抱いてしまうし、社長が主役の会社では俺は働きたくないなともおもってしまう。

3.どうどうと従業員雇っている社長が上で雇われている従業員が下だという発言をする。

雇ってやっている感がでている社長は、従業員の前で、どうどうと従業員雇っている社長が上で雇われている従業員が下だという発言をする。こういうところをみてしまうと、会社勤めをせずに、フリーランスでいるのが正解なんだと思ってしまう。
スポンサーリンク



4.自分が雇っている従業員に暴言を吐く。

雇っている感を出していない社長は、自分が雇っている従業員に暴言を吐くことはないが、雇っている感を出している社長は、自分が雇っている従業員に暴言を吐くことがある。まあ、会社勤めをしていない無職のわいには関係がないのだけど。

さいごに、

雇ってやっている感を出す社長の下では働いてはいけない。

やりたくないことをやることは必要。

やりたいことだけをやっていると、自分のやりたいことしかできない行動力がない人間になってしまい、自分の人生の幅がめちゃくちゃ狭くなっていきます。それに対して、やりたくないこともやりたいこともやっていると、自分のやりたいこと&自分がやりたいことの両方ができる人間になり、自分の人生の幅がめちゃくちゃひろくなっていきます。これら二つのことから出た答えは、自分の人生の可能性を広げたいのであれば、やりたくないことをやっていくようにしようぜ。

やりたくないことをやることは必要である。

やりたいことだけをやって、やりたいことでうまくいっている人間というのは、やりたくない人がどういう気持ちで働いているのか?ということも理解できないし、こころのどこかでやりたくないことで生きている人を見下している。こういう人間になりたくないのであれば、やりたくないことをやって、やりたくないことをやっている人の気持ちを理解することも重要である。

やりたくないことをやらない人間について。

1.働くということをやりたくない人間。

働くということをやりたくない人間が、働かないという選択をとってしまうと、収入0のニートとなってしまう。こうなってしまうと、誰とも結婚できない、友達もできない、遊ぶこともできないというかなり悲惨な末路をたどることになるので、働くということを放棄することはやめよう。そうはいっても、どうしても働きたくない欲
があると働けないんですけどね。

2.自分の好きなことしかやりたくない。

自分の好きなことしかやりたくないということを突き通すと、好きなことを遂行する能力が高くなり、嫌いなことを遂行する能力が低くなるので、好きなことだけやるというのにもそれなりにデメリットがあります。また、自分の好きでもないことだけをやっていると、好きなことを遂行する能力が下がり、嫌いなことを頑張る能力が上昇します。

3.アルバイトすらできない40歳のおっさん。

アルバイトすらできない40歳のおっさんは、自分がやりたくないことであるアルバイトを絶対にしてたまるかという気持ちをもっていることもあって、アルバイトをするという選択がとれません。こうなってしまうと、毎月1円もお金を稼ぐことができない40歳のおっさんが出来上がります。

4.あれもこれも自分にはできないと文句をつけている人。

どの正社員の求人をみても、俺にはこの仕事は向いていないし、この仕事は俺にはできないと言っている人は、いつまでたっても正社員になることができない。だったら、どうすればいいのか?については、あれこれ考えないで、とりあえず、正社員の仕事をやってみるということをするべきだと思う。
スポンサーリンク



5.つらいことを経験したくないと思っている人。

辛いことを経験したくないと思っている人は、とにかく辛いことが少ないことしかやらないでおこうという選択しかとらないので、いつまでたっても小さくまとまったままの人間で、いつまでたっても大成することがない。これに当てはまりたくない人は、多少つらいことがあるかもしれないことにも果敢にチャレンジしていこう。

最後に、

やりたくないことをやることは必要である3

人生は自分ではどうにもならないことはある。

大企業の内定だったり、自分の年収を維持することだったり、自分の好きな人と付き合うことだったり、人に好かれることだったり、通貨ペアレートや仮想通貨レートの値動きだったりは、自分の力でどうこうすることはできない。これに気がつくと、人生がうまくいかないことがあっても、人生がうまくいかないことがあることは当たり前なのだから、そんなに落ち込む必要性なんてないんだとポジティブな思考を持つことができます。そうはいっても、人生がうまくいかないと、何で俺の能力がこんなにも低いんだとか、何で俺にはこんなにも運がないんだとか思ってしまうよね。今回は、人生は自分ではどうにもならないことはある。をテーマにして記事を書いていきます。

大企業の内定とかも、自分の力でどうこうできない。

大企業の内定なんかも、企業の社長に気に入られないと手に入るものではないから、自分の意思ひとつで大企業の内定を手にすることはできない。この残酷の事実のせいで、子供のころから抱いていたOOの大企業で年収1000万稼ぐんだという夢をかなえることができない人が日本で大量発生しています。

自分の好きな人と付き合うことができない。

非常にモテない人だと、自分の大好きな人に告白しても振られてばかりで、自分の好きな人と付き合うことができないという末路をたどります。これがどうしても受け入れられないよーという人は、恋愛すること自体をやめるか、この世にいる女性のことが全員大好きだという思考をもつようにするしかないですね。

人に好かれることだったり、他人に嫌われること。

人に好かれたいと思っているのに、人に嫌われてしまったりすることもあるし、人に嫌われたいと思っているのに、他人に好かれてしまうことがあるのだから、自分の意思で、人に好かれることだったり、他人に嫌われることをどうこうすることはできない。このことに気づくと、他人に好かれるとかにエネルギーに使うことをやめて、自分のことを好きになるようにしようという思考になります。

通貨ペアレートや仮想通貨レートの値動き

通貨ペアレートは、自分単体の力で動かすことはできないし、仮想通貨レートも自分単体の力で動かすことはできない。これに気づくと、通貨ペア取引や仮想通貨取引で損失をだしたときに、自分の力でどうこうできないことで損失を出すこともしかたないし、通貨ペア取引や仮想通貨取引で利益が出たときにあまり調子にのらないでおこうと思うようになります。
スポンサーリンク



さいごに、
人生は自分ではどうにもならないことはある。をテーマに記事を書かせていただきます。